1. ホーム
  2. IR情報
  3. 経営方針
  4. IRポリシー
 
 

IRポリシー

基本姿勢

当社は経営方針の中で、「公正かつ透明な経営を実践し、効率的な事業活動を通じて、企業価値の増大を目指します」と謳っております。当社は、迅速かつ正確で公平な開示とIR活動を実践し、株主・投資家の皆様の日本郵船の事業活動への理解と信頼を得られるよう努めてまいります。


情報開示の基準

金融商品取引法等の諸法令および東京証券取引所の適時開示規則を遵守し、これらに沿って情報開示を行っており、適時開示規則に該当しない場合でも、株主・投資家の皆様の投資判断に影響を与えると考えられる情報は積極的に開示を行います。


情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報や投資判断に実質的な影響を与えると考えられる情報は、東京証券取引所の提供する適時開示規則に従い、同取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開するとともに、当ホームページに速やかに掲載いたします。また、これに該当しない情報についても、当ホームページへの掲載を通じて発信いたします。

関連リンク:IRニュース

将来の予想に関する注意事項

当社が発表する業績予想・計画・戦略等、歴史的事実ではないものは、現時点において入手可能な情報と一定の前提に基づいております。従いまして、実際の業績は見通しと大きく異なる可能性がありますことをご承知おきください。実際の業績に与えうる重要な要素としては、海運市況の著しい変動や、為替・金利・燃料油価格の変動などがあります。尚、詳しくはリスク情報をご参照ください。


沈黙期間

決算情報の漏洩を防ぐため、決算発表前2週間を沈黙期間とし、決算に関するコメントやご質問に対する回答を控えております。