1. ホーム
  2. 日本郵船について
  3. 社長挨拶
 
 

社長挨拶

代表取締役社長 内藤 忠顕

日頃より当社グループの活動にご支援、ご愛顧を賜りありがとうございます。

当社グループは、事業を通じ人々の暮らしを豊かにすることが使命であり存在意義であると考え、日々の企業活動を行っております。世界の人々の豊かで、安心できる生活に貢献することを誇りに思うと同時に、その社会的責任を深く感じています。

2018年4月からスタートした中期経営計画 ”Staying Ahead 2022 with Digitalization and Green“ では、不透明な事業環境と多様に変化する社会に的確に対応し、持続的な成長を遂げるための戦略を示すと同時に、Digitalization(デジタル化)とGreen(環境)をキーワードに新たな価値創造への挑戦を積極的に推し進めます。

グループ企業理念における基本理念も、従来掲げていた ”モノ運び“ の枠に捉われずに事業を通じて社会に貢献していくべく、”Bringing value to life.“ と再定義しました。安全で安定した事業運営を通じて、お客様をはじめ社会から信頼される存在であり続けられるよう努めると共に、新たな価値を社会に提供できるよう挑戦を続けてまいります。

皆様には、引き続きご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2018年4月
代表取締役社長 内藤 忠顕
取締役社長 内藤忠顕 サイン