1. ホーム
  2. 日本郵船について
  3. 社長挨拶
 
 

社長挨拶

代表取締役社長 内藤 忠顕

日頃より当社グループの活動にご支援、ご愛顧を賜りありがとうございます。

当社グループは海・陸・空にまたがるグローバルな総合物流企業グループとして、安全・確実な「モノ運び」を通じ、人々の生活を支えることを基本理念として、日々の企業活動を行っております。世界の人々の豊かで、安心できる暮らしに貢献することを誇りに思うと同時に、その社会的責任を深く感じています。

2014年4月からスタートした中期経営計画 “More Than Shipping 2018 ~Stage 2 きらり技術力~” は、その名が示す通り、海運事業をコアとしながらも、従来型の海運会社の枠を超えた幅広い海・陸・空のサービスによる差別化が基本戦略です。 当社グループの強みである創意工夫を活かした新サービスの提案や業務改善をより積極的に行っていく考えです。

この中期経営計画をグループ一丸となって達成するために、当社のグループ・バリューである「誠意・創意・熱意」を発揮し安全で安定した事業運営を通して、お客様をはじめ社会から信頼される存在であり続けられるよう努めてまいります。

皆様には、引き続きご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2015年4月
代表取締役社長 内藤 忠顕
取締役社長 内藤忠顕 サイン