リキッド部門
(海洋事業)

一層の拡大が見込まれる海洋資源開発に貢献

当社グループは2008年に海洋事業に本格的に参入しました。

現在、原油や天然ガスの採掘は、そのほとんどが陸上と浅い海底で行われていますが、生産量にかつての勢いはなく可採地域も限られてきています。

このため、今後は非在来型石油・ガスの開発と共に海底油田が拡大領域として期待されており、当社グループは今後も拡大が見込まれる海洋事業に積極的に取り組んでいます。

石油・ガスのサプライチェーンの上流においては、既にドリルシップ、浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO)、シャトルタンカー事業へ参入しました。今後は原油やLNG、LPG輸送などで長年蓄積してきた危険物荷役や船舶管理の経験に加え、オフショアにおける定点保持やエンジニアリングの技術・ノウハウを習得しながら、浮体式LNG生産貯蔵払出し設備(FLNG)や下流にあたる浮体式LNG貯蔵・再ガス化設備(FSRU)事業への参画も検討します。

海洋事業への進出は、上流・下流部門で事業を展開している既存のお客さまとの関係をより強固にしていくことにつながり、海運部門とのシナジー効果が期待されます。海洋鉱区の開発がこれからさらに加速するという見通しの下、当社グループが持つ強みを組み合わせ、海洋事業を将来的に長期安定収益の大きな柱として発展させるよう努めます。