日本郵船キャリアスクール

開催にあたって

世界経済の中核を担う、海運業。
日々接する機会は少ないかもしれませんが、連綿と続くモノ運びのリレーは、世界中のあらゆる暮らしに確かに息づいています。
実際の仕事をもとにしたグループワークを通じ、皆さんの知らない海運の世界を覗いてみませんか?
このキャリアスクールが、皆さんの視野を広げ、これからの生き方を考えるきっかけになれば、大変嬉しく思います。

※なお、当キャリアスクールは学生の就業体験の機会を提供するために実施するものであり、採用選考活動とは一切関係ありません。

  • 日本郵船キャリアスクール
    陸上事務編
  • 日本郵船キャリアスクール
    陸上技術編
  • 日本郵船キャリアスクール
    海上編
  • 日本郵船キャリアスクール
    マリンエンジニアプログラム

日本郵船キャリアスクール陸上事務編開催概要

概要

『地球を舞台に』 -日本郵船を体験してみませんか?

陸の上から海上輸送を支える陸上職事務系は、オフィスにいながら常に世界経済と向き合っています。不定期船ビジネスをモデルにしたグループワークを通じて、世界と繋がる陸上職事務系の業務を体験してみませんか?
世の中の流れや人々の暮らしに広くアンテナを張り、ダイナミックに海運をリードしていく仕事は陸上職事務系ならではの仕事です。
「世界経済の動きが与える影響を感じてみたい」、「自分たちの生活と海運業との繋がりについて知りたい」、「あたりまえの暮らしを支える仕事を体験してみたい」という方は、この機会に是非お申し込みください!

本プログラムの募集は2019年1月18日の申込締切をもって終了しました。
今後の開催予定につきましては決定次第お知らせいたします。

日本郵船キャリアスクール陸上技術編開催概要

概要

『地球を舞台に』 -日本郵船を体験してみませんか?

陸上職(技術系)は、技術者として船の一生に関わる仕事です。新造船発注やドッグ監督、保守管理などハードを司る役割がある一方、近年では先進技術の海運への応用などソフト面の活躍のフィールドも広がりを見せています。
本キャリアスクールではグループワークや大型外航船の見学を通じて、船舶工学に関する基礎知識が無い方でも、船の魅力、陸上職技術系の仕事の面白さを体験できる内容となっております。

「技術者×海運会社」というイメージは皆さんにとって身近でないかもしれませんが、海運の世界で活用される技術や大型貨物船の工学的機能を分かりやすく知ることができる貴重なチャンスです。 「船がどのように作られ、なぜ動くのか知りたい」、「未来の船はどう進化するか興味がある」、「海運会社での技術者の仕事について知りたい」という方、是非この機会にご参加ください。

本プログラムの募集は2018年12月21日の申込締切をもって終了しました。
今後の開催予定につきましては決定次第お知らせいたします。

日本郵船キャリアスクール海上編開催概要

概要

『地球を舞台に』 -日本郵船を体験してみませんか?

海上職(船乗り)の職場となる大型外航船の船内見学、また本社オフィスでのグループワークを通じて、現代の船乗り(航海士、機関士)の仕事の魅力を知ることができます。
普段はなかなか入ることのできない大型外航船に訪船し、操船室であるブリッジや心臓部にあたるエンジンルームを見学できるチャンスです。
「巨大な乗り物や機械を動かしてみたい」、「使命感のある仕事に興味がある」、「世界中の海を駆け巡りたい」、と言う方はこの機会にぜひお申込ください。
現役海上社員との座談会も予定しておりますので、積極的に疑問を解消いただけたらと思います。

本プログラムの募集は2019年1月18日の申込締切をもって終了しました。
今後の開催予定につきましては決定次第お知らせいたします。

日本郵船キャリアスクールマリンエンジニアプログラム開催概要

概要

『地球を舞台に』 -日本郵船を体験してみませんか?

-マリンエンジニア(機関士)とは!-

船に乗り込み、エンジンを操るマリンエンジニア(機関士)。今回は世界一の大きさを誇るディーゼルエンジンを搭載した大型外航船の見学や、日本郵船本社オフィスでの機関系グループワークなどのプログラムをご用意しております。
普段想像しないであろう「マリンエンジニア(機関士)」の世界の魅力を感じて頂けたらと思います。
「巨大な乗り物や機械を動かしてみたい」、「使命感のある仕事に興味がある」、「世界中の海を駆け巡りたい」という方は是非この機会にお申込み下さい。
現役海上社員との座談会も予定しておりますので、積極的に疑問を解消して頂けたらと思います。

本プログラムの募集は2018年11月26日の申込締切をもって終了しました。
今後の開催予定につきましては決定次第お知らせいたします。