• 定期船

ONEが所属する「ザ・アライアンス」に現代商船が参加

当社が出資する定期コンテナ船事業統合会社Ocean Network Express Pte. Ltd.(以下ONE、注1)が所属する「ザ・アライアンス」(注2)に、現代商船(韓国)が参加することが決定しました。新体制でのサービス開始時期は、各国関係当局からの承認を前提として2020年4月を予定しています。

「ザ・アライアンス」のメンバーであるONE(シンガポール)、Hapag—Lloyd(ドイツ)、陽明海運(台湾)に、今後多数の大型船の竣工を予定している現代商船が加わることで、サービス品質、ネットワーク網やプロダクト競争力の強化、効率性の向上のほか、大気汚染物質の排出減少への貢献が期待できます。

(注1)Ocean Network Express Pte. Ltd.
当社が川崎汽船株式会社および株式会社商船三井と定期コンテナ船事業を統合し設置した事業会社。

(注2)「ザ・アライアンス」
コンテナ船サービスを共同で運営するために2016年に結成したアライアンス。
2016年5月13日発表プレスリリース:日本郵船、韓進海運、Hapag—Lloyd、川崎汽船、商船三井、陽明海運の6社による新アライアンスの設立

以上

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。