アカウミガメ生態調査プロジェクト

紀州みなべのアカウミガメ調査を支援
―海洋環境、生物多様性の保全活動で豊かな海へ―

2016年に認定特定非営利活動法人アースウォッチ・ジャパンと協働し「紀州みなべのアカウミガメ調査」プログラムを立ち上げました。毎年7月、当社グループ社員と公募による参加者を合わせた約24名がボランティアとして調査に参加し、自然環境や生物の変化に対する理解を深めています。

和歌山県みなべ町は、絶滅のおそれがあるアカウミガメの産卵地として本州最大規模を誇る地域で、1990年以降、生態の解明調査が進められてきました。本プログラムでは、日本ウミガメ協議会の研究者や地元の市民団体みなべウミガメ研究班による指導の下、夜間に産卵のため上陸したアカウミガメの個体識別標識(タグ)の確認や装着、また甲羅の長さ・幅の計測などを行います。

  • 「紀州みなべのアカウミガメ調査」プログラム
    和歌山県みなべ町では千里浜の他、周辺の岩代浜と高浜でも例年アカウミガメの上陸が確認されているが、人員不足等の理由から個体識別の調査が進まなかった。本プログラムは、市民ボランティアの手を借りて、包括的な科学的調査を実施しアカウミガメの生態を明らかにし、保全に役立てることを目的としている。