社会貢献活動方針

  1. 1社員のボランティア活動の推進
    社員のボランティア活動を通して、異なる価値観・視点を取り入れることにより、「多様性を尊重する」「柔軟で活力のある」「誠実な」企業風土の醸成を目指します。
  2. 2未来の地球社会への「投資」※1
    日本郵船の持つさまざまな経営資源を広く社会に対して「投資」することを通して、より良い地球社会の実現に寄与します。投資対象は、環境、国際貢献、次世代を担う人々の成長を応援する活動などの分野です。
  3. 3地域社会との共生
    地域との積極的なかかわりを通して、社会との共生を目指します。
  1. ※1投資
    NPOなどに寄付するだけではなく、「投資」するという視点を取り入れ、その経過にもかかわり、結果についても評価を行っていきます。

日本郵船は、2004年10月に社会貢献の専門部署コーポレート・シティズンシップ・オフィス(OCC:Office for Corporate Citizenship)を設立し、積極的に社会貢献活動を推進しています。

OCCのロゴマーク

温かい思いを表現したハートが地球を優しく包んでいます。緑色の地球は環境への配慮を、その地球を取り巻く3色のリボンはOCCの3つの活動方針を示しています。ハートはOCCの2つの「C」を、地球はOCCの「O」も意味しています。