環境表彰・外部評価

外部からの評価

当社は、CDP※1が実施する、日本企業500社の気候変動情報開示を評価する「CDP2018気候変動質問書」の調査において、その取り組みが高く評価され、2018年度は「A」評価を受けました。

また、世界的なSRI(社会的責任投資)の指標である「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」および「フッツィー・フォー・グッド・インデックス」の構成銘柄に16年連続で選定されました。

  1. ※1CDP
    CDPは運用資産総額100兆ドルを有する世界の827の金融機関と投資家を代表して、企業の温室ガス排出量、気候変動と水についてのリスクと機会の評価に関する情報を収集している国際非営利団体(NPO)。

環境表彰

2019年1月 「CDP2018気候変動」で最高評価を獲得

当社は、国際的な非営利団体CDPによる「CDP2018気候変動」調査において、気候変動に対する企業対応の世界的なリーダーと認識され、最高評価である「気候変動Aリスト」を獲得しました。

関連リンク:
2018年12月 「MT-FAST」が地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞

(株)MTIと常石造船(株)が共同開発した船舶用の省エネ付加物装置「MT-FAST」が、「平成30年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰(対策技術先進導入部門)」を受賞しました。

関連リンク:
2018年6月 「ベストクオリティーシップ2017」を受賞

当社が所有するコンテナ船「NYK LYRA」は、日本水先人会連合会が選定する「ベストクオリティーシップ2017」を受賞しました。

関連リンク:
2018年6月 温室効果ガス排出削減目標がSBT認定を取得

当社が設定した温室効果ガス(GHG: Greenhouse Gases)排出の削減目標が、国際的なイニシアチブである「SBT(Science Based Targets)イニシアチブ」から、科学的根拠に基づく目標としてSBT認定を取得しました。

関連リンク:
2017年12月 国交省の内航船「省エネ格付け」制度でLNG燃料タグボート「魁」・RORO船「ひだか」が4つ星を獲得

国土交通省が認定する内航船の「省エネ格付け」制度において、当社のLNG燃料タグボート「魁」及び当社グループの近海郵船(株)のRORO船「ひだか」が省エネ・省CO2性能を評価され最高評価の4つ星を獲得した。

2017年11月 CDP気候変動2017で「A-」評価獲得

国内企業500社以上を対象として実施された調査において高評価を獲得し、CDP気候変動2017において「A-」評価を獲得した。

2017年10月 郵船商事「ULTY(アルティ)」 第45回佐々木賞受賞

当社グループ会社の郵船商事(株)が開発したボイラ燃焼制御最適化システム「ULTY-V」が、技術・研究開発で顕著な成果を収め業界に貢献したとして、紙パルプ技術協会より第45回佐々木賞を受賞した。

関連リンク:
2017年7月 シップ・オブ・ザ・イヤー2016「大型貨物船部門賞」受賞

日本船舶海洋工学会より、14,000TEU型コンテナ船「NYK BLUE JAY」は、世界初のデュアル・レーティングシステムを装備した高水準の省エネ技術が高く評価され受賞した。

関連リンク:
2017年6月 グループ3社が第18回物流環境大賞部門賞を受賞

日本物流団体連合会より、当社グループ3社は環境保全活動や環境啓蒙活動などで優れた功績を残したとして、第18回物流環境大賞の部門賞を受賞した。

関連リンク:
2017年3月 当社運航船がパナマ運河 “Green Connection Award” を受賞—環境課題への先進的な取り組みを評価—

パナマ運河庁より、当社運航船のNYK REMUSとGARNET LEADERが環境負荷の少ない船舶に贈られる “Green Connection Award” を受賞した。

関連リンク:
2017年2月 フランスの港湾当局より「ESI (Environmental Ship Index) アウォード」を受賞

フランスのHAROPA港湾当局より、ESI(船舶の運航が環境に与える影響度を測る指標)において高いスコアを獲得したとして、2012年より4年連続で「ESIアウォード」を受賞した。

関連リンク:
2016年月9月 国連総会 “Global Goals Week” で当社取組み紹介

ノルウェー船級協会DNV GLグループ社長兼CEOが行った講演の中で、当社はSDGsを推進している企業として日本で唯一紹介された。

関連リンク:
2016年8月 米国ロサンゼルス港の減速航海プログラムにおいて優秀企業として表彰

米国ロサンゼルス港湾局が実施している減速航海プログラムにおいて、高い遵守率を達成したとして表彰された。

2016年7月 シップ・オブ・ザ・イヤー2015「技術特別賞」を受賞

日本船舶海洋工学会より、日本初のLNG燃料船「魁(さきがけ)」が技術的・芸術的・社会的に優れた船舶として受賞した。

関連リンク:
2016年6月 第17回物流環境大賞の部門賞「物流環境負荷軽減技術開発賞」を受賞

日本物流団体連合会より、日本初のLNG燃料船「魁」(さきがけ)の竣工が環境負荷軽減に貢献したとして評価され受賞した。

関連リンク:
2016年2月 フランスの港湾当局より「ESI(Environmental Ship Index)アウォード」を受賞

フランスのHAROPA港湾当局より、ESI(船舶の運航が環境に与える影響度を測る指標)において高いスコアを獲得したとして、2012年より3年連続で「ESIアウォード」を受賞した。

関連リンク:
2015年12月 「平成27年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞

船陸間で本船の航海・機関データをリアルタイムに共有するパフォーマンスマネジメントシステム「SIMS(Ship Information Management System)」の開発・運用が、地球温暖化防止の功績を評価され表彰。

関連リンク:
2015年12月 エコプロダクツ大賞推進協議会主催の「第12回エコプロダクツ大賞」で国土交通大臣賞を受賞

船陸間で本船の航海・機関データをリアルタイムに共有するパフォーマンスマネジメントシステム「SIMS(Ship Information Management System)」の開発・運用が、環境負荷の低減に配慮したすぐれた製品・サービスとして評価され受賞。

関連リンク:
2015年11月 CDPの「気候変動情報開示先進企業」に4年連続で選定

国内企業500社を対象として実施された調査において満点を獲得し、気候変動情報開示に優れた企業として、クライメート・ディスクロージャー・リーダーシップ・インデックス(CDLI)に選定された。

関連リンク:
2015年7月 日本航海学会航海功績賞を受賞

船陸間で本船の航海・機関データをリアルタイムに共有するパフォーマンスマネジメントシステム「SIMS(Ship Information Management System)」の開発・運用が評価され表彰された。

関連リンク:
2014年10月 CDPの先進企業に3年連続で選定

国内企業500社の気候変動情報開示を評価する「CDP2014気候変動質問書」で100点満点中99点を獲得し、3年連続でカーボン・ディスクロージャー・リーダーシップ・インデックス(CDLI)に選定された。

関連リンク:
2014年5月 環境配慮型タグボート「翼」が「マリンエンジニアリング・オブ・ザ・イヤー2013」を受賞

当社グループ会社の(株)ウィングマリタイムが運航する「翼」が国内初のプラグインハイブリッド推進システム船(従来のディーゼルエンジンに加え、モータージェネレーターと高性能バッテリーを搭載)として表彰された。

関連リンク:
2013年12月 グリーン物流優良事業者表彰で「経済産業大臣表彰」を受賞

株式会社クボタの共同事業者として、海上コンテナのトラック輸送においてターミナルを活用しての効率的なラウンドユース(往復利用)の推進が、日本の物流分野における地温暖化対策の顕著な功績として表彰された。

関連リンク:
2013年11月 エコプロダクツ大賞推進協議会主催の「第10回エコプロダクツ大賞」でエコサービス部門・国土交通大臣賞を受賞

世界で初めて船舶への恒久的運用に成功した「空気潤滑システム」(ブロア方式及び主機掃気バイパス方式)が環境負荷の低減に配慮した優れたサービスとして表彰された。

関連リンク:
2013年11月 CDP2013の先進企業に2年連続で選定

国内企業500社の気候変動情報開示を評価する「CDP2013気候変動質問書」で100点満点中98点を獲得し、カーボン・ディスクロージャー・リーダーシップ・インデックス(CDLI)に選定された。

関連リンク:
2013年11月 郵船不動産 日本不動産学会「業績賞」を受賞

テナントとの協働節電「節電フルーツ還元(Win-Win節電)」が「ソフト力」を生かしたオフィスビルの活動として表彰された。

関連リンク:
2013年10月 日本経済新聞社主催の「2013年日経地球環境技術賞」で「最優秀賞」を受賞

世界で初めて船舶への恒久的運用に成功した「空気潤滑システム」(ブロア方式及び主機掃気バイパス方式)の開発・運用への評価、今後の工夫・展開への期待として表彰された。

関連リンク:
2013年10月 郵船不動産 日本不動産ジャーナリスト会議賞を受賞

オフィスビルでのテナントとの協働節電「節電フルーツ還元(Win-Win節電)」の取り組みが評価され表彰された。

関連リンク:
2013年10月 Lloyd's List Global Awards 2013でファイナリストに進出

世界で初めて船舶への恒久的運用に成功した「空気潤滑システム」(主機掃気バイパス方式)が「Environment Award」にノミネートされた。

2013年7月 日本船舶海洋工学会「シップ・オブ・ザ・イヤー2012」受賞
空気潤滑システム搭載モジュール運搬船「SOYO(双洋)」が受賞

世界で初めて船舶への恒久的運用に成功した「空気潤滑システム」(主機掃気バイパス方式)が「技術的・芸術的・社会的に最も優れた船」として表彰された。

関連リンク:
2013年6月 日立環境財団・日刊工業新聞社共催の「環境賞」で優秀賞を受賞

世界で初めて船舶への恒久的運用に成功した「空気潤滑システム」(ブロア方式及び主機掃気バイパス方式)が地球規模の環境保全に期待できる技術として表彰された。

関連リンク:
2013年5月 「グリーンフラッグ」優秀企業として表彰

米国ロングビーチ港港湾局が実施している減速航海プログラムにおいて、達成率が100%であったため、優秀企業として表彰された。

2013年5月 シートレードアワード2013でファイナリストに選出

世界で初めて船舶への恒久的運用に成功した「空気潤滑システム」(ブロア方式及び主機掃気バイパス方式)が「クリーンシッピング部門」にノミネートされた。

2012年以前
2012年12月 「平成24年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」受賞

世界で初めて船舶への恒久的運用に成功した「空気潤滑システム」(ブロア方式及び主機掃気バイパス方式)が地球温暖化防止の顕著な功績として表彰された。

関連リンク:
2012年10月 CDP 2012 ジャパン500にて海運・物流業界の最高得点で評価選定

国内大手企業500社の中から気候変動情報開示先進企業を選定するカーボン・ディスクロージャー・リーダーシップ・インデックス(CDLI)および気候変動パフォーマンス先進企業を選定するカーボン・パフォーマンス・リーダーシップ・インデックス(CPLI)に、海運・物流業界では最高得点で唯一、2部門同時選定された。

関連リンク:
2012年5月 「グリーンフラッグ」優秀企業として表彰

米国ロングビーチ港港湾局が実施している減速航海プログラムにおいて、達成率が99.07%であったため、優秀企業として表彰された。

2012年2月 第15回環境コミュニケーション大賞環境報告書部門で「持続可能性報告(環境大臣賞)」受賞

「持続可能性」「地球温暖化」「生物多様性」「信頼性」など環境の様々な側面からの当社の取り組み及び情報開示が高く評価された。

関連リンク:
2011年5月 日本船舶海洋工学会「シップ・オブ・ザ・イヤー2010」(特殊船部門)受賞

空気潤滑システム搭載モジュール運搬船「YAMATAI(邪馬台)」「YAMATO(大和)」が受賞

2011年4月 世界初の原油タンカー用高耐食性厚鋼板に市村産業賞

新日本製鐵株式会社との共同開発で、原油による影響でタンク底板に発生する孔食を防ぐための新鋼材「NSGP-1※1」を開発しその評価、適用実績が評価された。

  1. ※1NSGP
    Nippon Steel Green Protectは新日鉄の登録商標
関連リンク:
2011年2月 第20回地球環境大賞「国土交通大臣賞」受賞

フジサンケイグループより、第18回(2009年)の「地球環境会議が選ぶ優秀企業賞」に続く4度目の受賞。空気潤滑システム搭載モジュール運搬船「邪馬台」「大和」の実証実験等が評価された。

関連リンク:
2011年2月 郵船ビルの省エネ成果で経産省「関東経産局長賞」を受賞

当社は、所有する郵船ビルディングの電力・蒸気使用量を削減したことが評価され、経済産業省関東経済産業局からエネルギー管理優良事業者として「関東経済産業局長表彰」を受賞。

関連リンク:
2010年12月 NCAの航空機整備用ハンガー、第17回千葉県建築文化賞を受賞

グループ会社日本貨物航空(株)のライン整備ハンガーが、環境に配慮した建築物として第17回千葉県建築文化賞を受賞。

2010年7月 英国倉庫協会環境賞を受賞

当社の英国物流現地法人NYK Logistics (UK)社が、電力消費量や二酸化炭素排出量の削減などの取り組みが高く評価され受賞。同賞は全英で環境面において優秀な実績を残したサード・パーティー・ロジスティックス※2 業者を表彰するもので、日系企業の受賞は初めて。

  1. ※2サード・パーティー・ロジスティックス
    荷主に対し物流改革を提案し、高品質で包括的な物流業務を提供するサービス。
2010年4月 ベネチア港環境賞「ベニス・ブルー・フラッグ・アワード」受賞

米国関連会社Crystal Cruises, Inc.社の運航する客船「クリスタル・セレニティ(Crystal Serenity)」の、2007年の同賞開始以来連続3回目となる受賞。硫黄分の少ない燃料の自発的使用などの取り組みが評価された。

2009年10月 グッドデザイン賞・フロンティアデザイン賞受賞

太陽光パネル搭載自動車専用船「アウリガ・リーダー(Auriga Leader)」は財団法人日本デザイン振興会が主催する2009年度のグッドデザイン賞を受賞。未来のコンテナ船「NYKスーパーエコシップ2030」が同グッドデザイン・フロンティアデザイン賞を受賞

関連リンク:
2009年9月 ロイズリスト(Lloyd's List)「シップ・オブ・ザ・イヤー」受賞

太陽光パネル搭載自動車専用船「アウリガ・リーダー(Auriga Leader)」が受賞

関連リンク:
2009年6月 物流環境大賞受賞

社団法人日本物流団体連合会より、太陽光発電システム搭載自動車運搬船「アウリガ・リーダー(Auriga Leader)」での実証実験開始、開発・発注予定の50%省エネ自動車運搬船が評価されて受賞

関連リンク:
2009年6月 ベネチア港環境賞「ベニス・ブルー・フラッグ・アワード」受賞

米国関連会社Crystal Cruises, Inc.社の運航する客船「クリスタル・セレニティ(Crystal Serenity)」が硫黄分の少ない燃料の自発的使用などの取り組みが評価され受賞

2009年4月 「グリーンフラッグ」優秀企業として表彰

米国ロングビーチ港港湾局が実施している減速航海プログラムの達成率が97.24%であったため、優秀企業として表彰された

2009年4月 スウェーデンストックホルム港より環境賞受賞

米国関連会社Crystal Cruises, Inc.社の運航する客船「クリスタル・シンフォニー(Crystal Symphony)」がスウェーデンのストックホルム港より環境賞を受賞

2009年2月 第18回地球環境大賞、地球環境会議が選ぶ優秀企業賞

フジサンケイグループより、温室効果ガス削減のためのさまざまな取り組みが評価され受賞

2008年12月 平成20年度横浜環境行動賞「分別優良事業所」部門 「三つ星事業所」

グループ会社横浜貿易建物(株)が、ゴミ分別の徹底や廃棄物のリサイクル化などが評価され、横浜市制定の平成20年度横浜環境行動賞「分別優良事業所」部門において最高ランク「三つ星事業所」に選定された

2007年2月 第16回地球環境大賞、国土交通大臣賞

フジサンケイグループより、海洋汚染防止対策等が評価されて受賞

2006年4月 Business Development Award

グループ会社Yusen Terminals. Incがカリフォルニア州・ウィルミントン商工会議所より受賞

2006年3月 Green Flag Environmental Achievement Award

当社運航船17隻が米国ロングビーチ港湾局より受賞

2005年9月 Cruise Ship Environmental Award

客船「クリスタル・ハーモニー」が、サンフランシスコ港・客船ターミナル環境保全委員会より受賞

2005年5月 トール・ヘイエルダール国際海洋環境賞

ノルウェー船主協会より、安全環境推進活動のもと、船主や船舶管理会社の協力を得て、安全運航と環境保全に取り組んできた事が評価されて受賞

2005年2月 第14回地球環境大賞、日本経済団体連合会会長賞

フジサンケイグループより船舶の安全運航の徹底と環境保護、ならびに環境先進技術の積極的な開発と導入が評価されて受賞

2004年9月 The 2004 City of Boise Enviroguard Award

米国Idaho州Boise市当局より受賞

2004年5月 ベストクオリティーシップ賞

(社)日本パイロット協会より船舶の安全運航を通じた環境保護への貢献が評価されて受賞

2004年4月 The World Excellence Award (Environmental Leadership)

米国フォード社より環境に優しい企業の部で受賞

2003年6月 物流環境保全活動賞

(社)日本物流団体連合会より受賞