航跡Voy.161 日本郵船歴史博物館

1947年に引き揚げ船としての役目を終えた「氷川丸」は、それから2年間北海道航路で食料品や石炭を運び、戦後の食糧難を支えました。毎航、小豆やするめなどの統制品※1を運ぶ人々で満員状態であったため、新聞に「闇船」と書かれたのも、このころのことです。  戦後、総トン数が100トンを超える船舶は連合国軍総司令部の管理下に置かれ、航行区域は日本沿岸とその近海に制限されていました。その統制が徐々に解除されつつあった50年、ようやく「氷川丸」もNYKの管理に戻ります。そして再開された外航航路に就航後、本格的な客船業務の再開に向けて船内を大改装し、53年7月に12年ぶりとなるシアトル航路復帰を果たしたのです。  以後7年間にわたって貨物はもとよりフルブライト留学制度※2での渡航者約2,500人を含む乗客約1万6,000人を輸送して活躍。しかし、航空機時代の幕開けにより、60年8月に横浜港を出港する航海を最後に引退することとなりました。


船上のフルブライト留学生たち
船上のフルブライト留学生たち
出港当日には、東京駅から横浜港新港ふ頭へ臨時直通列車が運行され、別れを惜しむ約4,000人が岸壁に鈴なりとなって最後の船出を見送りました。激動の昭和を走り続けた「氷川丸」は、その時船齢30歳に達していました。

※1統制品:値段や配給量が国によって決められ、自由に販売できない品物
※2フルブライト留学制度:J.ウィリアム・フルブライト米上院議員が中心となってつくられた、米国と相手国による教育交換制度。日本では52年に開始された
53年7月12年ぶりにシアトル航路に復帰した「氷川丸」
シアトル航路に復帰した「氷川丸」

Back Number

グループ報「YUSEN」2007年6月号表紙 グループ報「YUSEN」
2007年6月号No.598

【表紙のことば】
11億人の消費パワーが生まれる国インド。
人々は今もガンジス川で沐浴(もくよく)する