航跡Voy.159 日本郵船歴史博物館

東京と横浜で日本初の電話サービスが始まったのは、1890年のことでした。この年の『東京横濱 電話加入者人名表』によると、東京の電話加入件数はわずか269件。横浜では60件のみで、全国の携帯電話契約件数が9,000万件を超える現在とは隔世の感があります。
 当時の電話番号は加入申し込み順に1けたから3けたの数字が割り当てられ、東京の1番は東京府庁(現、東京都庁)でした。銀行や新聞社といった企業や官公庁、電話所などが加入者の大半を占めており、個人加入は政府関係者や一部の経済人のみと、一般の人々には縁のないものだったことがうかがえます。
 そんな中、東京の167〜170番に日本郵舩曾社同 東京支店同 艀掛(はしけがかり)、
同 荷捌所(にさばきじょ)、横浜の9番と10番に日本郵舩曾社支店同 船客送迎部の記載が見られ、当社がいち早く電話サービスを導入したことが分かります。また、大隈重信(1838〜 1922)や前島密(1835〜1919)、後藤象次郎(1838〜97)などと並んで、東京の151番には当社初代社長の森岡晶純(1833〜98)、233番には三菱グループの祖である岩崎彌太郎(1835〜85)の弟、岩崎彌之助(1851〜1908)の名前が記されています。
 その後電話加入者は急増し、電話設備の導入地域は次第に全国に広がっていきました。
電話所:電信局や電話交換局に公衆通話機 関として設置。利用者は局員に相手を呼び出 してもらい通話した
電話加入者人名表
Back Number

グループ報「YUSEN」2007年3月号表紙 グループ報「YUSEN」
2007年3月号No.595

【表紙のことば】
NYKグループ全体で共有していきたいDNA。それが、NYKグループ・バリュー「誠意・創意・熱意」です。