学童疎開船「対馬丸」

日本郵船歴史博物館の収蔵品は、およそ2万点。その半数以上が、いろいろな方から寄贈されたものです。中でも、その数の多さと多彩さで一線を画しているのが客船愛好家、的場輝夫氏の700点を超えるコレクションです。同氏が長年にわたり収集した品々の一部が当館に寄贈されたもので、国内外の客船パンフレットとメニューを中心に、70年前に押された

メニュー1
スタンプ

当社客船30隻分の乗船記念スタンプマークや、マッチ箱のラベルといった珍しいものが含まれています。
 現在は常設展の「豪華客船時代の到来」コーナーで、1926(大正15)年に当社と合併した東洋汽船(株)の客船メニューおよび乗船名簿を展示しています。
 

的場輝夫氏:2004年9月に逝去されました。享年81歳。ここに謹んでご冥福をお祈りいたします

メニュー2 マッチ箱

Back Number 日本郵船歴史博物館

社内報「YUSEN」
2004年12月号

【表紙のことば】
コーポレート・シティズンシップ・オフィス新設。地球社会とともに生きる良き企業市民として、すべてのステークホルダーにとっての企業価値向上を目指す。