「航 跡」特別編【博物館へようこそ

「豪華客船時代の到来」コーナーが充実
 9月から、昭和初期に活躍した客船を展示する「豪華客船時代の到来」コーナーを大幅に充実させました。航路ごとに絵葉書、航路案内、スケジュール表をセットで展示したほか、1931(昭和6)年の郵商協約締結時の書状や戦争の色合いが濃くなっていく世相を表した資料など60点余りを加え、昭和初期から太平洋戦争へと時代が移り変わっていくさまが、より分かりやすくなりました。

 また、ガラスケースの中身も入れ替えています。主な展示品は戦前、船客に配布されたトランプ、「新田丸」就航記念のガラス製船型ペーパーウエートと乗船記念のペーパーナイフ、扇子などで、どれも凝ったデザインが目を引きます。さらに、客船の内装デザイン関連の本や食器も加わり、来館者の皆さんにお楽しみいただける展示品を取りそろえました。  

 11月下旬までは特別展「野上隼夫海洋画展」も開催していますので、併せてご覧ください。

※郵商協約: 1931(昭和6)年、未曽有の不況に陥っていた日本海運界を救う対策として、NYKと大阪商船(当時)が10年間を期限に締結した協約。NYKは南米東岸線を休止し、大阪商船がシアトル・タコマ線を休止するなど、並行航路において互いに競争を避けるという内容だった

ホームページ:http://www.nyk.com/rekishi/

新たに加わった展示品
[写真]
[写真]

[写真]
[写真]
[写真]
特別展「野上隼夫海洋画展」
[写真]

Back Number 日本郵船歴史博物館s

社内報「YUSEN」 社内報「YUSEN」
2004年11月号

【表紙のことば】
近代化の波に乗り、驚異的な経済発展を遂げる中国の大都市は、日々違った表情を見せる。国慶節の連休を楽しむ広州市民も、そのような経済発展を肌で感じているのだろうか。