テーブルの会話が弾むメニュー

戦前の客船のメニューは、さまざまな美しい絵柄で彩られていました。数十種類もの台紙を朝食・昼食・夕食用に準備しておき、献立を船内で印刷していました。テーブルでは毎回デザインの違うメニューを話題に、船客たちが会話を弾ませることもあったようです。
 絵柄は日本の四季折々の風物や、浮世絵の美人画、神社仏閣などで、大変色鮮やかなものでした。また、外国人船客のために英語で絵柄の説明を記したものもありました。
 今回紹介するのは、竹久夢二の絵を用いたメニューです。梅の花をモチーフにした華やかな着物を身にまとい、憂いを帯びた目元の舞妓(まいこ)。「夢二式美人画」の典型ともいえます。叙情たっぷりのこの絵を採用したメニューは「秩父丸」をはじめとした豪華客船の1等船客用ディナーのテーブルを飾りました。


[パンフレット写真]
「秩父丸」ディナーメニュー(竹久夢二画)
上:1930(昭和5)年4月18日
下:1930(昭和5)年11月21日
 
 

Back Number 日本郵船歴史博物館

社内報「YUSEN」
2004年2月号

【表紙】地球現場へ。
 自ら変わる勇気を持って、わたしたちは次の120年の航海に出航します。