1. ホーム
  2. 海風日記
  3. 記念洋酒
 
 

海風日記

記念洋酒

ウイスキーボトル収蔵品の中に、1928年と記された未開封のウイスキーボトルがあります。NYK専用に瓶詰めされ、ボトルのラベル上部には “Expressly bottled for the Nippon Yusen Kaisha” と記載されています。銘柄は “BLACK & WHITE”。明治から昭和初期当時の船内での酒類といえば、ブランデーやワインなどがよく知られていましたが、ウイスキーもあったということを教えてくれる1点です。

来歴を調べると、寄贈者の母の遺品にあったウイスキーボトルで、1993年にコンテナ船 “California Saturn” で日本に運ばれ、当時の博物館準備室に寄贈されたものだそうです。寄贈者の祖父はシアトル、アラスカ(共に米国)で水先人をしていたようで、NYKの船長とも面識があったのでしょう。1928年のシアトル航路には「常磐丸」、「靜岡丸」、「伊豫丸」、「横濱丸」(Ⅱ世)、「富山丸」、「加賀丸」、「三島丸」が就航していました。

話はややそれますが、今でいう社規則にあたる「社規類纂しゃきるいさん」の中に、「船内酒食接待心得に関する件」という項目があり、船長は乗船客以外に官公吏および水先人などにも船内で酒類を出し、もてなすことができました。当時前述の船のいずれかの船長が、荒天で出航が遅れたか、はたまた思いがけない巡り合いに触れたかの折に、寄贈者の祖父である水先人を船内に招き、その記念としてこのウイスキーボトルを贈ったのではないでしょうか。