1. ホーム
  2. 時の羅針盤
  3. 博物館へようこそ 企画展「重要文化財指定記念 まるごと氷川丸展」10月4日より後期スタート
 
 

時の羅針盤時の羅針盤

博物館へようこそ 企画展「重要文化財指定記念 まるごと氷川丸展」10月4日より後期スタート

開催中の「重要文化財指定記念 まるごと氷川丸展」では、三菱重工業(株)横浜製作所が所蔵する128点に及ぶ「氷川丸」のカラースキームの中から、竣工時の採用・不採用案や戦後の横浜造船所(後の横浜製作所)による客室改装工事時に製作された計18点を前期・後期に分けて展示しています。10月4日から始まる後期展示では、一等喫煙室、エントランス、一等児童室などのカラースキームを新たに公開します。

カラースキームとは、客室の完成イメージ図のことです。船内インテリアは、船の評価や評判に大きく影響するため、インテリアをデザインするにあたりカラースキームは重要な役割を果たしました。通常、一つの場に対して複数の設計案が作られ、「氷川丸」でも複数社が競合しました。また、時代背景や流行などが反映されている他、色彩やデザインが視覚的にも楽しめる芸術作品ともなっています。

併せて、ジャズ評論家であり、戦後の復員船時代に「氷川丸」の乗組員として乗船していた瀬川昌久氏の所蔵資料も展示替えします。まだご覧になっていない方も、一度ご覧になった方も新しい展示品を見にいらしてください。


三菱重工業(株)横浜製作所所蔵 カラースキーム 氷川丸一等喫煙室 立面図

連続講演会「氷川丸アカデミー」予約先:045-211-1923

各分野から識者を招き、「氷川丸」について話していただきます(いずれも要予約・先着順)
時間午後2時~3時30分 会場日本郵船歴史博物館  定員各回80人

10/15(土)氷川丸のアール・デコとマルク・シモン

講演者:
吉田 鋼市氏(横浜国立大学名誉教授)
参加費:
1,000円(入館料込み、各種割引対象外)

11/5(土)建築調査から見た貨客船氷川丸
—2015年度調査を通じて—

講演者:
大野 敏氏(横浜国立大学大学院教授)
参加費:
1,000円(入館料込み、各種割引対象外)

11/19(土)一等特別室のステンドグラス
—戦前の貨客船

講演者:
田辺 千代氏(ステンドグラス史研究家)
参加費:
1,000円(入館料込み、各種割引対象外)

12/3(土)氷川丸の運営と今後の展望

講演者:
金谷 範夫(「氷川丸」第28代(現)船長)
参加費:
500円(入館料込み、各種割引対象外))
重要文化財指定記念 まるごと氷川丸展
開催期間:
7月16日(土)~12月25日(日)
【前期】7月16日(土)~10月2日(日) 【後期】10月4日(火)~12月25日(日)
※前後期で一部展示替えあり
開館時間:
午前10時~午後5時(最終入館:午後4時30分)
休館日:
月曜日(祝日の場合は翌平日)
入館料:
一般400円、シニア(65歳以上)・中高生250円、小学生以下無料
氷川丸とのセット券:
一般500円、シニア(65歳以上)・中高生300円
グループ報「YUSEN」2016年10月号表紙

グループ報「YUSEN」
2016年10月号No. 710