1. ホーム
  2. 時の羅針盤
  3. 『THE TRAVEL BULLETIN』日本の人形文化
 
 

時の羅針盤時の羅針盤

『THE TRAVEL BULLETIN』日本の人形文化

3月3日はひな祭り。ひな人形を飾り、女の子の健やかな成長を祝います。『THE TRAVEL BULLETIN』1933年6月号では、人形を愛する日本文化が紹介されています。

「日本の女の子は、幼少時代人形遊びに親しみ、結婚が決まると母親から特別な人形が贈られる。男の子も、こどもの日には勇敢な武士の人形を眺め、楽しむ。このような習慣の中で育った大人は、皆あらゆる人形に対して特別な思いを抱いている」と、本誌は説明しています。

日本各地に、その土地の風習や伝統舞踊を表現した独特な人形があること、またそのような人形の熱心なコレクターがいることがつづられ、さまざまな人形の写真が掲載された誌面は、非常に華やかなものとなっています。

実際に「秩父丸」でもひな人形が飾られ、乗船客の目を楽しませました。人形に親しみ愛でる伝統的な文化は、外国の人々には新鮮に映ったことでしょう。

「秩父丸」のひな人形
『THE TRAVEL BULLETIN』:1920~41年、日本郵船が発行した英文広報誌。全195巻
『THE TRAVEL BULLETIN』1933年6月号
早稲田大学図書館協力
グループ報「YUSEN」2013年3月号表紙

グループ報「YUSEN」
2013年3月号No. 667
【表紙のことば】
大迫力! でも緻密な現場です