1. ホーム
  2. 時の羅針盤
  3. 博物館へようこそ 企画展「日本郵船歴史博物館収蔵品展I —船旅への想い」
 
 

時の羅針盤時の羅針盤

博物館へようこそ博物館へようこそ
デキャンタ・タンブラー(戦前) 美人画ポスター(1914年) 船客用食器/アシュウォーズ社製(戦前)
企画展「日本郵船歴史博物館収蔵品展I —船旅への想い」

日本郵船歴史博物館は2013年に開館20周年を迎えます。1993年に日本郵船歴史資料館として開館以来※1、収蔵品は寄贈された資料を含め、4万点余りを数えるまでになりました。この20周年という節目に、未公開のものや、これまで展示する機会の少なかった資料を中心に、当館の収蔵品展を2度にわたり開催します。

第1弾の本展では、戦前の船旅をテーマに、NYKが当時発行した広報誌や旅行ガイドブック、船旅の携帯品や乗船記念品、船内で使用していた食器などの展示のほか「氷川丸」関連資料も併せて紹介します。船上の生活や乗船客の思い出の品を通して、人々が船旅に寄せた想いを感じていただける内容です。

また本展関連イベントとして、横浜市の有形文化財に指定されている日本郵船氷川丸の船内ツアーを企画しています。(応募の詳細は当館ウェブサイトをご覧ください)

皆さん、ぜひお誘い合わせの上、ご来館ください。

※1
03年、日本郵船歴史博物館に改称し、横浜海岸通倉庫から隣接の横浜郵船ビルに移転した。

グループ報「YUSEN」2012年4月号表紙

グループ報「YUSEN」
2012年4月号No. 656
【表紙のことば】
改善力を発揮しよう!