1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2017年
  4. 業界唯一の「健康経営優良法人2017~ホワイト500~」に認定
    ―健康管理による企業価値向上を目指して―
 
 

業界唯一の「健康経営優良法人2017~ホワイト500~」に認定
―健康管理による企業価値向上を目指して―

2017年3月2日

当社は、経済産業省と日本健康会議(注1)が共同で選ぶ「健康経営優良法人2017~ホワイト500~」に海運業界で唯一認定されました。

「健康経営優良法人2017~ホワイト500~」は保険者と連携して優良な健康経営(注2)を実践している大規模法人を顕彰する制度で、初年度の本年は235法人が選ばれました。

当社は、2015年4月に日本郵船健康保険組合とともに健康経営推進プロジェクトを開始しました。同プロジェクトでは、充実した人間ドック制度の提供、禁煙外来の開設、トップアスリートを指導するトレーナーによるトレーニング指導や専門医による講演など、社員の健康増進を積極的にサポートしています。

当社は社員の健康は事業活動の基盤であり、最優先事項の一つとして捉えています。今後も社員がより健康に、より元気に活躍できるよう積極的に取り組んでいきます。


(注1)日本健康会議
 少子高齢化が急速に進展する日本において、国民一人ひとりの健康寿命延伸と適正な医療について、民間組織が連携し行政の全面的な支援のもと実効的な活動を行うために組織された活動体。目的は、経済団体、医療団体、保険者などの民間組織や自治体が連携し、職場、地域で具体的な対応策を実現していくこと。日本健康会議の活動指針「健康なまち・職場づくり宣言2020」では、「健保組合等保険者と連携して健康経営に取り組む企業が500社以上になること」を目標としている。

(注2)健康経営
企業などが従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践すること。NPO法人健康経営研究会の登録商標。

以上

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。