1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2016年
  4. 横浜港大さん橋での海の日イベントが終了
    ―船内見学会・体験乗船会に982名が参加―
 
 

横浜港大さん橋での海の日イベントが終了
―船内見学会・体験乗船会に982名が参加―

2016年7月27日

当社グループは、7月18日(月・祝)の海の日に横浜港大さん橋ふ頭において、当社が運航する自動車専用船「DIONE LEADER」、郵船クルーズ株式会社が運航する客船「飛鳥Ⅱ」の船内見学会、株式会社ウイングマリタイムサービスが運航するLNG燃料タグボート「魁(さきがけ)」の体験乗船会を実施しました。

このイベントは「船」の重要性とすばらしさを多くのみなさまに知ってもらう目的で「海と日本プロジェクト」参加プログラムの一つとして一般社団法人日本船主協会と共催したもので、いずれも募集人数を大きく上回る応募をいただき、当日の参加者は計982名にのぼりました。

昨年に続き猛暑の中での開催となりましたが、参加者からは、「自動車をギリギリに駐車するデモンストレーションの迫力に圧倒された」「普段は見ることがない船の内部を見学できて、とても貴重な体験だった」「日常生活が船の輸送に支えられていることを改めて感じた」などの感想が寄せられました。

当社は今後もこのような機会を通し、船舶や海運業界に興味と親しみを深めていただけるよう活動していきます。

なお、今後開催する当社グループ関連行事の詳細は、以下日本船主協会の専用ウェブサイトをご覧ください。
http://www.jsanet.or.jp/event/event2016_summer.html

以上

 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。