1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2016年
  4. 日本郵船、韓進海運、Hapag—Lloyd、川崎汽船、商船三井、陽明海運の6社による新アライアンスの設立
 
 

日本郵船、韓進海運、Hapag—Lloyd、川崎汽船、商船三井、陽明海運の6社による新アライアンスの設立

2016年5月13日

当社はアジア・欧州を代表するコンテナ運航船社5社と共にアジア/欧州・地中海航路、アジア/北米西岸・東岸航路、大西洋航路、アジア/中東航路といった東西航路にて新たに「ザ・アライアンス」を設立することで基本合意しました。新アライアンスの最初の合意期間は5年、2017年4月頃からのサービス開始に向け、各関係当局からの承認取得を含め、今後必要な諸手続きを行っていきます。

ザ・アライアンスは、日本郵船(日本)、韓進海運(韓国)、Hapag—Lloyd(ドイツ)、川崎汽船(日本)、商船三井(日本)、陽明海運(台湾)の6社で構成され、合計で620隻以上の船隊を運航しており、今後は世界シェアの約18%となる350万TEUの船腹量を誇る業界を代表するアライアンスとなります。新アライアンスのサービスは、この充実した船隊に加え、今後竣工予定の最新鋭の大型コンテナ船を順次投入し、より広範なネットワークを形成、高いスケジュールの遵守率を実現します。またアジア、北米、欧州、地中海、中東の寄港地を増やし、直行サービスを充実させることで高頻度かつ競争力のあるトランジットタイムを実現し、多様化するお客さまのニーズへ的確に対応していきます。

新アライアンスにおけるサービスの詳細情報は、確定した時点であらためて発表します。

以上
 

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。