1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2015年
  4. ナショナルスタッフ研修を実施
    -夢と誇りを持って働けるグループを目指して-
 
 

ナショナルスタッフ研修を実施
-夢と誇りを持って働けるグループを目指して-

2015年10月26日


前列左から5番目:
郵船ロジスティクス 取締役常務執行役員 古徳健一
前列左から6番目:
日本郵船 常務経営委員 吉田芳之

 日本郵船株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:内藤忠顕)と郵船ロジスティクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:倉本博光)は1019日から23日までの5日間、海外オフィスに勤務するナショナルスタッフ向け研修「Global NYK/YLK Week 2015」を開催し、世界各地から選抜された日本郵船グループ12人、郵船ロジスティクス13人のナショナルスタッフに加え両社国内の日本人社員2人ずつ計29人が参加しました。
 
 この研修は、2012年から日本郵船㈱と郵船ロジスティクス(株)が合同で開催しており、参加者が国や部門、会社の垣根を越えて交流を深め、グループ内の結びつきとネットワークの更なる強化を目指しています。
 
 今回はテーマに「Bring Values into Action」を掲げ、NYKグループ・バリュー(注)の深化によるグループとしての競争力強化に関する討議、中期経営計画に基づく各部門の戦略についての講義など、さまざまな側面から日本郵船グループの事業や取り組みについての理解を深め、活発な意見交換を行いました。また参加者は研修の間、4つのグループに分かれ、各グループが今回のテーマに関したプレゼンテーションを両社社長および、経営幹部へ向けて行い、事業運営への参加意識を高めました。参加者それぞれがこの5日間の経験を持ち帰り、自社のスタッフに展開することを期待します。
  
 日本郵船グループは、社員の多様性と挑戦する気概を尊重し、人材育成に力を注ぎ、夢と誇りを持って働けるグループを目指していきます。
 
(注)NYKグループ・バリュー
「誠意・創意・熱意(3I’s)」を日本郵船グループの企業理念として実現していく際の心構えとして20071月に策定。
http://www.nyk.com/profile/mission/values/
 
以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。