1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2015年
  4. 当社歴史博物館が創業130周年の特別展
    ―「きらり技術力、あすへの挑戦」を開催―
 
 

当社歴史博物館が創業130周年の特別展
―「きらり技術力、あすへの挑戦」を開催―

2015年6月18日

  当社が運営する日本郵船歴史博物館(注)は、7月4日(土)から10月18日(日)までの期間に創業130周年を記念した特別展「きらり技術力、あすへの挑戦」を開催します。
 
本特別展では、いくつもの荒波を越えてきた130年間の歴史と未来の展望を①歴史②船③海④技術のテーマに分け、パネル、模型、動画を通して分かりやすく説明します。
巨大パネル“レインボーディスプレイ”を設置し、主要航路を世界地図と航路図で紹介するほか、実物の造船用鋼材に直接触れていただくことで、技術の進化を感じることができます。
 
また、本特別展に関連した講演会や小学生向けのイベントを以下予定しています。

【特別展関連講演会】
7月25日(土) 14:00~15:30「北極海航路の現状と展望」
8月22日(土) 14:00~15:30「海洋観測に生かされる海事技術力」
9月26日(土) 14:00~15:30「船舶の過去・現在・未来」
各回先着80人、料金:入館料のみ(各種割引対象外)
 
【飛鳥Ⅱ小学生ペーパークラフト教室】
7月20日(月・祝)14:00~15:30
先着20人、料金:500円(1隻の材料費含む)※保護者の方は別途入館料が必要です。
 
これら特別展、イベントを含めた日本郵船歴史博物館へのアクセス・開館時間・休館日等の詳細に関しては下記ウェブサイトをご参照ください。
http://www.nyk.com/rekishi/
 
当社は今後も日本郵船歴史博物館や日本郵船氷川丸を通じて、日本の海運の歴史を後世に伝えることで海運業界や船に興味を持ち、親しみを深めていただけるよう活動していきます。
 
(注)日本郵船歴史博物館:
1993年、海事思想の普及を主目的に、日本郵船歴史資料館として開設。2003年日本郵船歴史博物館に改称し、現在の横浜郵船ビル1階(横浜市中区海岸通)に移転。
 

以上

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。