1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2015年
  4. キャメロンLNGプロジェクトにLNG船2隻を投入
    ―三菱商事向けLNG船の定期用船契約を締結―
 
 

キャメロンLNGプロジェクトにLNG船2隻を投入
―三菱商事向けLNG船の定期用船契約を締結―

2015年5月14日

 当社は4月30日、Diamond Gas International Pte. Ltd.(注1)と定期用船契約基本合意書を締結すると同時に、株式会社MI LNG カンパニー(本社:東京都港区、代表取締役社長:梶原輝文)(注2)と液化天然ガス(LNG)新造船2隻の建造契約を締結しました。
 
新造船2隻は2018年の竣工後、当社船舶管理の下、米国ルイジアナ州で三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林健)と当社が共同参画する米国キャメロンLNGプロジェクトのLNG輸送に従事する予定です。
 
本船の船型にはLNGの搭載効率を高めつつ、軽量化や空気抵抗軽減を可能にした次世代タイプの「サヤリンゴ」形状を採用します。上半身部分が下半身部分より膨らんだリンゴ形状のタンクを船体と一体構造のタンクカバー(さや)で覆っているのが特徴です。
また、推進機関には、蒸気タービンとガス炊き可能なエンジンを組み合わせたハイブリッド2軸推進方式STaGE(Steam Turbine and Gas Engines)を採用することで、燃料削減、二酸化炭素(CO2排出量削減を実現していきます。
 
当社は、中期経営計画“More Than Shipping 2018~Stage2 きらり技術力~”で掲げた事業戦略に基づき、キャメロンLNGプロジェクトを推進、今後も安定的かつ経済的なエネルギー輸送に努めます。
 
(注1)Diamond Gas International Pte. Ltd.
シンガポールに本社を置く三菱商事の100%子会社。
 
(注2)株式会社MI LNG カンパニー
2013年4月に三菱重工業株式会社51%、今治造船株式会社49%の出資で設立されたLNG船設計・販売を
手掛ける合弁会社。
 
LNG船の概要

(1)
積載容量
:約165,000㎥
(2)
総トン数
:約146,200トン
(3)
全長
:約293.5m
(4)
全幅
48.94m
(5)
主機関
STaGE(Steam Turbine and Gas Engines)
(6)
航海速力       
19.5ノット
(7)
建造造船所
:三菱重工業株式会社長崎造船所
(8)
竣工予定
2018年(予定)

 
参考:
2013年5月17日発表
米国キャメロンLNGプロジェクトに関して合弁事業会社を設立
―エネルギーの安定供給、供給ソースの多様化に貢献―
http://www.nyk.com/release/2447/002623.html
 
2014年8月7日発表
「キャメロンLNGプロジェクト」最終投資に合意
―新たなビジネスチャンスに向け天然ガス液化事業に参画―
http://www.nyk.com/release/3131/003406.html
 
 

以上

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。