1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2015年
  4. 東証「なでしこ銘柄」に2年連続の選定
    ―女性含めた多様な人材の活躍を促進する取り組みが評価―
 
 

東証「なでしこ銘柄」に2年連続の選定
―女性含めた多様な人材の活躍を促進する取り組みが評価―

2015年3月19日

当社は、東京証券取引所(以下、東証)と経済産業省が共同で選定する2014年度の「なでしこ銘柄」に昨年度に続いて、2年連続で選定されました。
 
「なでしこ銘柄」は、東証一部上場企業の中から女性が働き続けるための環境整備や女性人材の活用を積極的に進めるなど「女性活躍推進」に優れ、かつ財務指標にも優れた企業として、「中長期の企業価値向上」を重視する投資家にとって魅力ある銘柄として紹介されます。
 
当社は2001年に「総合職・一般職」といった職種区分を廃止して人事制度を一本化し、2002年に都心で初めての企業内保育所「郵船チャイルドケア」を設置するなど、男女の区別なく活躍できる制度や環境づくりを進めています。また、女性管理職比率が約15%であることや2013年度から女性のキャリア形成促進を目的とした「キャリア業務室」を設置し、仕事と家庭の両立を支援するため、配偶者が転勤した際には最長3年間休業できる制度を導入するなどの取り組みが評価され、今回の連続選定となりました。
 
当社は今後も日本国内外において女性を含めた多様な人材の活躍推進に向けた体制づくりに積極的に取り組んでいきます。


1列目左から3番目:当社経営委員 宮本 教子

 
■東京証券取引所からのニュースをあわせてご覧ください。
http://www.jpx.co.jp/news/0010/20150318-01.html
 
参考:当社の職場環境づくりについては下記をご覧ください。
http://www.nyk.com/csr/stk/staff/land/index_02.html
 
 
以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。