1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2015年
  4. 当社歴史博物館の入館者、40万人を達成―3月22日まで記念キャンペーンを実施-
 
 

当社歴史博物館の入館者、40万人を達成―3月22日まで記念キャンペーンを実施-

2015年2月2日

当社の運営する日本郵船歴史博物館の入館者数が、1993年12月の開館以来(2003年に日本郵船歴史資料館から名称変更)、1月31日(土)で40万人に達しました。この記念すべき40万人目の入館者となられた神奈川県横浜市在住の大久保寛(おおくぼ・ひろし)さん(66)ご一家には、記念品として同館オリジナルグッズ、常設展解説書、氷川丸ドライカレーギフトセットが贈られました。大久保さんは40年程前、システム開発業務で初めて担当した顧客が当社横浜支店(現在の同館)だったとのことで「今日は博物館へ来る道すがら、家族にその話をして懐かしく思いました。仕事の打合せをした場所も今では展示室になっていて、これも何かの縁ですね」と喜びを話してくれました。
 
この入館者40万人達成を記念したキャンペーンを1月31日(土)から3月22日(日)迄の同館開館日40日間にわたり行います。入館者各日先着40名様に粗品をプレゼントいたします。


40万人目となった大久保さんご一家と記念撮影

同館では3月15(日)まで企画展「日本郵船歴史博物館収蔵品展Ⅱ 船員の記憶、船の記録」を開催しており、また2月21日(土)、28日(土)に普段見ることができない同館の裏側を親子で見学し、学芸員業務体験ができる小中学生向けバックヤードツアーを予定しています。
 
これら企画展、バックヤードツアーを含めた日本郵船歴史博物館へのアクセス・開館時間・休館日等の詳細に関しましては下記ウェブサイトをご参照ください。
http://www.nyk.com/rekishi/
 
当社は今後も日本郵船歴史博物館や日本郵船氷川丸を通じて、日本の海運の歴史を後世に伝えることで海運業界や船に興味と親しみを深めていただけるよう活動していきます。
                             
 

以上

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。