1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2014年
  4. キャメロンLNGプロジェクト向けにLNG船を投入
    ―三井物産と定期用船契約を締結―
 
 

キャメロンLNGプロジェクト向けにLNG船を投入
―三井物産と定期用船契約を締結―

2014年9月29日

当社は、9月26日にキャメロンLNGプロジェクト向けに、三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:飯島彰己)と新造液化天然ガス(以下、LNG)船1隻の長期定期用船契約を締結しました。
 
三井物産株式会社は、米国ルイジアナ州で推進するキャメロンLNGプロジェクト(以下、本プロジェクト)で生産されるLNGを引き取ることになっております。投入される新造船は当社100%子会社のTEA TREE SHIPPING PTE.LTD.が保有し、当社グループ会社の船舶管理の下、2018年の竣工から最長で25年間、本プロジェクトのLNG輸送に従事する予定です。
 
当社は、中期経営計画“More Than Shipping 2018~Stage2 きらり技術力~”で掲げた事業戦略に基づき、キャメロンLNGプロジェクトを推進、今後も安定的かつ経済的なLNG輸送に貢献します。
 
【契約概要】

(1)契約締結日
:2014年9月26日
(2)本船
:174,000㎥メンブレン型 新造LNG船
(3)船主
:TEA TREE SHIPPING PTE. LTD.(当社100%子会社)
(4)用船者
:三井物産株式会社
(5)船舶管理会社
:NYK LNG シップマネージメント株式会社もしくは
NYK SHIPMANAGEMENT PTE LTD
(6)建造造船所
:韓国造船所
(7)契約期間
:竣工から最長25年間
(8)竣工予定
:2018年
  


キャメロンLNGプロジェクト(完成予想イメージ)

参考:
2013年5月17日発表
米国キャメロンLNGプロジェクトに関して合弁事業会社を設立
―エネルギーの安定供給、供給ソースの多様化に貢献―
http://www.nyk.com/release/2447/002623.html
 
2014年8月7日発表
「キャメロンLNGプロジェクト」最終投資に合意
―新たなビジネスチャンスに向け天然ガス液化事業に参画―
http://www.nyk.com/release/3131/003406.html
 
以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。