1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2014年
  4. 世界初のLNG燃料供給船を建造
    ―GDFスエズ・三菱商事と共同でLNG燃料供給船保有
    及び船舶用LNG燃料販売事業に参入―
 
 

世界初のLNG燃料供給船を建造
―GDFスエズ・三菱商事と共同でLNG燃料供給船保有
及び船舶用LNG燃料販売事業に参入―

2014年7月2日


(左から) 
西澤 淳 (三菱商事株式会社 米州天然ガス事業部長)
Philip Olivier (GDF SUEZ LNG CEO)
長澤 仁志 (日本郵船株式会社 代表取締役・専務経営委員)

当社はこのたび、液化天然ガス(LNG)を燃料とする船舶への燃料供給を目的とした世界初のLNG燃料供給船の造船契約を韓進重工業(本社:韓国、Hanjin Heavy Industries & Construction Co., Ltd.)と締結しました。
 
当社はGDFスエズ社(以下GDF SUEZ)、三菱商事株式会社(以下三菱商事)とLNG燃料供給事業のグローバルな市場開拓に関する協議を続けてきましたが、2014年5月13日に3社基本合意書を締結し、この共同事業の第一弾として2014年6月30日、LNG燃料供給船の建造並びに欧州域内でのLNG燃料販売事業へ参画することに合意しました。
 
LNG 燃料供給船は2016年に竣工予定で、ベルギー・Zeebrugge港を拠点に、LNGの供給を行います。供給先は、当社グループが2014年3月に発表したUnited European Car Carriers社 (本社:ノルウェー・オスロ)のLNGを燃料とする自動車専用船をはじめ、主に北海・バルト海域を航行するLNG燃料船をターゲットとしていきます。
 
 
 
 


イメージCG図

現在、LNG燃料船はすでに北欧でフェリーやクルーズ船を中心に50隻程度が運航されておりますが、国際的な航行船舶の排出ガス規制強化(注1)により、LNG燃料船は有力な対応策となることから、今回の共同事業により環境負荷が低く付加価値の高いソリューションを提供することになります。
 
一方、販売に目を向けると重油換算で年間約2億5千万トンといわれる船舶用燃料はLNGへの転換による潜在的な需要規模自体極めて大きなものとなるものの、広く普及するには供給インフラの整備が大きな課題となっていました。LNG燃料供給船は、陸上のLNG施設に比べて多様な顧客や海域へのアクセスが可能なため、LNG燃料販売事業には不可欠な設備とされています。
 
共同事業者のGDF SUEZは当社の運航するLNG船の用船者であり、LNG船の共有事業を通じてLNG輸送に関する事業ノウハウを共に培ってきました。また、三菱商事とは従来のLNG船事業に加えLNG事業の上流権益であるキャメロンプロジェクトを通じ、協力体制を構築してきました。今後はこの3社によるパートナーシップを活かし、LNG燃料供給船の共同保有およびLNG燃料の販売を行う共同出資会社を設立することにより、まずは欧州での販売体制を確立し、将来的には米国やアジアなどでグローバルな事業展開を目指します。


イメージCG図

当社グループは、世界初のLNGを燃料とする自動車専用船、また日本初となるLNG燃料タグボートの建造に着手するなど、環境に優しいLNG燃料の実用化を進めてきました。LNG燃料供給船の建造は、当社グループの新中期経営計画「More Than Shipping 2018 ~ Stage 2 きらり技術力~」の事業戦略に基づくものであり、供給サイドからもLNG燃料のさらなる普及・発展に貢献していきます。
 
〈注1〉
航行船舶の排出ガス規制とLNG燃料の利点:船舶から排出される窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)、二酸化炭素(CO2)の排出規制が年々強化されており、特にSOxについてはさらなる低減が義務付けられる見込み。2010年に国際海事機関(International Maritime Organization略称IMO)の提案でSOxの排出規制値は、ECA海域(北海、欧州バルト海域、北米領海域)では2015年に現行基準の1.0%から0.1%へ引き下げられることが決定済み。一般海域では2020年もしくは2025年に現行基準の3.5%から0.5%へ引き下げられる見込み(2018年に決定見込み)。
 LNGはSOxや粒子状物質(PM)の原因物質を含まないことから、従来の重油と比較してSOx、PMの排出量を100%削減することが可能。CO2排出量は約30%、NOx排出量も最大80%削減することができるため、船舶に対する排出ガス規制への有力な対応策といわれている。
 
 
以上
1.   LNG燃料供給船の概要

(1) LNG積載容量
:5,100㎥
(2)総トン数
:6,000トン
(3)全長
:約100メートル
(4)全幅
:17.8メートル
(5)主機関
:Dual Fuel(低硫黄Marine Gas Oil, Marine Diesel Oil及びLNG)
(6)造船所
:Hanjin Heavy Industries & Construction Co., Ltd.、
:Yeongdo Shipyard (釜山)
(7)竣工予定
:2016年
(8)船舶管理
: NYK Energy Transport (Atlantic) Ltd.
: (NYK LNG Shipmanangement (UK) Ltd.)

 
 
 
2.   プロジェクト・スキーム図

3.   Zeebrugge港俯瞰図

<GDF SUEZ S.A.社の概要>

(1)本店所在地
:フランス・パリ
(2)事業内容
:電気事業、天然ガス事業、ガストレーディングや船の運航を含むエネルギーサービスの3分野において専門オペレーターでもある世界的なエネルギー事業者。LNG取引実績も豊富。
(3)代表者
:Chairman and CEO Gérard Mestrallet
(4)設立
2008年7月22日
(5)従業員数
:約147,200人(2013年12月末時点)
(6)Website
:http://www.gdfsuez.com/

 
<三菱商事株式会社の概要>

(1)本店所在地
:東京都千代田区丸の内二丁目3番1号
(2)事業内容
:新産業金融事業、エネルギー事業、金属、機械、化学品、生活産業
:の6グループに、ビジネスサービス、地球環境・インフラ事業開発
:の2部門を加えた体制にて、幅広い産業を事業領域として多角的な
:ビジネスを展開
(3)代表者
:代表取締役社長 小林 健
(4)設立
1950年4月1日
(5)従業員数
68,383名(連結ベース、2014年3月末時点)
(6)Website
: http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/

 
<参考リンク>
1.    世界初、LNG燃料の自動車専用船2隻建造へ
―優れた環境性能と最高水準の耐氷仕様を持つ―
http://www.nyk.com/release/3131/003222.html
2.    国内初、LNG燃料船の建造を決定 ―CO2約30%、SOx100%排出削減へ―
http://www.nyk.com/release/2447/002943.html
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。