1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2014年
  4. 東京電力向けLNG船の定期用船契約を締結
    ―豪州ウィートストーンLNGプロジェクト輸送に―
 
 

東京電力向けLNG船の定期用船契約を締結
―豪州ウィートストーンLNGプロジェクト輸送に―

2014年5月8日

 当社は4月30日、東京電力株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:廣瀬直己)の子会社であるエルエヌジー・マリン・トランスポート株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:村樫裕康)と液化天然ガス(LNG)新造船の定期用船契約を締結すると同時に、本契約向けに投入するLNG船1隻(総トン数 : 138,000トン)の建造契約を、株式会社MI LNG カンパニー(本社:東京都港区、代表取締役社長:近江治彦)(注1)と締結しました。
 
今回定期用船されるLNG船は2017年に竣工予定となり、エルエヌジー・マリン・トランスポート社運航管理の下、東京電力向けに投入され、主に東京電力、三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林健)と当社が共同参画する豪州ウィートストーンLNGプロジェクトからのLNG輸送に従事する予定です。
 
なお、本船は「さやえんどう」船型という船体と一体構造の連続タンクカバーを採用しており、船全体の強度を確保しながらも軽量化および空気抵抗の大幅低減により燃料消費を大きく改善しているのが特徴です。
 
当社は、今後も引き続き、安定的かつ経済的なエネルギー輸送に努めていきます。
 
(注1)        株式会社MI LNG カンパニー
2013年4月に三菱重工業株式会社が今治造船株式会社と設立した合弁会社。
 
1. LNG船の概要

(1)
積載容量
:約155,300㎥
(2)
総トン数
:約138,000トン
(3)
全長
:約288m
(4)
全幅
48.94m
(5)
主機関
:スチーム・タービン
(6)
航海速力       
19.5ノット
(7)
造船所
:三菱重工業株式会社長崎造船所
(8)
竣工予定
2017年
(9)
運航管理
:エルエヌジー・マリン・トランスポート株式会社

 
2.用船者の概要

(1)
会社名
:エルエヌジー・マリン・トランスポート株式会社
(2)
所在地
:東京都墨田区両国3丁目25番5号
(3)
代表者
:代表取締役社長 村樫裕康
(4)
事業内容
:液化天然ガスの海上輸送事業及びその代理業
(5)
資本金
4億6000万円
(6)
出資比率       
:東京電力株式会社 70%、三菱商事株式会社 15%、日本郵船株式会社 15%

 
参考 :
2012年6月18日発表 豪ウィートストーンLNGプロジェクトに共同参画
―官民一体でエネルギー資源の安定確保へ―
https://www.nyk.com/release/1960/NE_120618.html
 
 
以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。