1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2013年
  4. グリーン物流優良事業者表彰で「経済産業大臣表彰」を受賞
    ―クボタの共同事業者としてNYK Container Lineが貢献―
 
 

グリーン物流優良事業者表彰で「経済産業大臣表彰」を受賞
―クボタの共同事業者としてNYK Container Lineが貢献―

2013年12月3日

当社グループ会社のNYK Container Line株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中井 拓志、以下NCL)は、株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役会長兼社長:益本康男、以下クボタ)の共同事業者として、経済産業省・国土交通省などが主催する「グリーン物流パートナーシップ優良事業者表彰」において、「経済産業大臣表彰」を受賞しました。
 
「グリーン物流パートナーシップ優良事業者表彰」とは、日本の物流分野における地球温暖化対策に顕著な功績があった取り組みに対し、経済産業省と国土交通省がその功績を表彰するもので、企業の自主的な取り組み意欲を高めるとともに、グリーン物流の普及拡大を図ることを目的としています。応募資格として、荷主と物流事業者のパートナーシップにより実施される物流の改善方法を通じ、二酸化炭素(CO2)削減効果があった事業であることが条件となっています。
 
今回の受賞は、クボタが輸出入の海上コンテナのトラック輸送において実施した、内陸コンテナターミナルを活用しての効率的なラウンドユース(往復利用)の推進が、CO2排出削減量・削減率などの面で高い評価を受け、NCLはその共同事業者(計22社)のうちの1社として貢献致しました。
 
 優良事業者表彰の授与式は、12月12日に東京国際フォーラムで開催される「第12回グリーン物流パートナーシップ会議」で行われます。
 
当社グループは、今後もよき企業市民として積極的に社会の課題に取り組み、環境の保全をはじめとしてより良い地球社会の実現に貢献していきます。
 
参考:
株式会社クボタのニュースリリース
http://www.kubota.co.jp/new/2013/131203j.html
経済産業省ニュースリリース 
http://www.meti.go.jp/press/2013/12/20131202003/20131202003.html
 
以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。