1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2013年
  4. インド「ペトロネットLNG社」向け新造LNG船 長期定期傭船契約・造船契約締結
 
 

インド「ペトロネットLNG社」向け新造LNG船 長期定期傭船契約・造船契約締結

2013年12月3日
日本郵船株式会社
株式会社商船三井
川崎汽船株式会社
シッピングコーポレーションオブインディア


写真前列左から2番目:当社代表取締役専務 長澤仁志、
同3番目:ペトロネットLNG社 Dr. A. K. Balyan マネジング
ディレクター兼CEO

日本郵船(株)・(株)商船三井・川崎汽船(株)およびシッピングコーポレーションオブインディア(SCI)の4船社コンソーシアムはペトロネットLNG社(本社:インド・ニューデリー)との間で、173,000 m3型新造LNG船1隻に関する長期定期傭船契約を締結、同時に現代重工業(本社:韓国・ウルサン)と当該船の造船契約を締結しました。
ペトロネットLNG社はインドで初めてLNGを輸入した会社であり、カタールから2004年より年間500万トンを、2009年より追加で年間250万トンのLNGを、合計3隻のLNG船で輸入しております。今回契約締結した4隻目は、新たに豪州Gorgon LNG Project向けに投入されます。
4船社コンソーシアムは、既存3隻に加えて今回の4隻目も獲得し、今後ますます拡大するインドへのエネルギー供給に貢献していきます。
【契約概要】

契約締結日/場所
12月2日 インド・デリー
船主
日本郵船・商船三井・川崎汽船およびSCIが共同出資する新会社 (「India LNG Transport Company (No.4) Private Limited」/本社:シンガポール)
傭船者
ペトロネットLNG社
傭船期間
本船竣工(2016年9月)から19年間
投入船
173,000m3メンブレン型 新造LNG船1隻
造船所
現代重工業
船舶管理
SCI

 
【参考】ペトロネットプロジェクト概要

・買主
ペトロネットLNGリミテッド (PLL)
(株主構成)
GAIL (India) Limited (GAIL)
12.5%
Bharat Petroleum Corporation Ltd. (BPCL)
12.5%
Indian Oil Corporation (IOC)
12.5%
Oil & Natural Gas Co., Ltd. (ONGC)
12.5%
GDF International (GDF Suez子会社)
10.0%
Asia Development Bank (ADB)
5.20%
残りの約35%は株式公開済み。
GAIL :
インド最大の国営ガス会社。インドガスマーケットシェア95%
BPCL :
インド第3位の国営石油精製・販売会社
IOC :
インド最大の国営石油精製・販売会社
ONGC:
国営原油・天然ガスの採鉱・生産会社
・売主
Ras Laffan Liquefied Gas Company Ltd. II (RasGas II)
Gorgon LNG Project (25%の株主であるExxonMobilとの売買契約)
LNG購入量/期間 
RasGas II)
5百万トン/年、2004年〜2027年
2.5百万トン/年、2009年〜2034年
Gorgon LNG Project)
1.44百万トン/年 供給開始より20年間
LNG受入基地
インド・グジャラート州ダヘジ港
インド・ケララ州コチ港
 
 

本件に関するお問い合わせ先:
日本郵船  LNGグループ 
LNG第二チーム長 奥澤 竜太郎
Tel:03-3284-5836 Fax:03-3284-6378
商船三井  LNG船部LNG第三グループ
グループリーダー 石崎 洋
Tel:03-3587-7627 Fax:03-3587-7737
川崎汽船  LNGグループ
LNG第二チーム長 金森 聡
Tel:03-3595-5484 Fax:03-3595-5512
以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。