1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2013年
  4. カンボジアの子どもたちに「安全な水」を無償輸送
    ―日本ユネスコ協会連盟のプロジェクトに協力―
 
 

カンボジアの子どもたちに「安全な水」を無償輸送
―日本ユネスコ協会連盟のプロジェクトに協力―

2013年11月6日


シェムリアップ州に到着した水

当社グループは、公益社団法人日本ユネスコ協会連盟(注1)が進める『天空の杜プロジェクト』に賛同し、社会貢献の一環としてカンボジア向けに飲料水の海上無償輸送を実施しました。
 
カンボジアのシェムリアップ州では、浄水施設が整っていないため、雨水や濁った井戸水まで飲料水や医療現場で使われることもあり、多くの子どもたちは下痢や感染症などの健康被害を受けている環境にあります。こうした現状に「安全な水は生きる源。子どもたちに安全な水を届けたい」として始まったのが『天空の杜プロジェクト』でした。同プロジェクトは、株式会社富山環境整備の協力のもと、今後3年間で同州内の4つの公立病院と15村の寺子屋(注2)の子どもたちに合計155万本(77万5千リットル)の飲料水を届け、同時に水の浄化設備を設置するなどして住民が安全な水を飲める環境を整備していく予定です。
 
 今回の輸送はプロジェクトの第一弾で、当社が運航するコンテナ船に積み込まれた飲料水は2013年9月に富山港を出港し、10月18日にカンボジア・プノンペン港に到着。このあと陸路で輸送され、11月3日シェムリアップ州に到着しました。
 
当社は、今後も同プロジェクトの飲料水輸送に携わっていきます。そして良き企業市民として、引き続き社会貢献活動に取り組んでいきます。
 
(注1)公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
UNESCO憲章の理念にもとづき、国際平和と人類共通の福祉の実現を目指し、識字教育支援「世界寺子屋運動」や、「世界遺産活動」、「東日本大震災 子ども支援募金」など多様な活動を推進しています。
http://www.unesco.or.jp/
 
(注2)寺子屋
日本ユネスコ協会連盟が、戦争や貧困などさまざまな理由で教育の機会に恵まれない途上国の子どもたちや読み書きができない大人たちへの教育支援として推進している「世界寺子屋運動」で提供する学びの場。
http://www.unesco.or.jp/terakoya/                                            
 
 
以上
 
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。