1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2013年
  4. 当社グループ「CSRレポート2012」が優秀賞
    -第16回環境コミュニケーション大賞で2年連続受賞-
 
 

当社グループ「CSRレポート2012」が優秀賞
-第16回環境コミュニケーション大賞で2年連続受賞-

2013年3月7日


(授賞式の様子)
写真左から:
財団法人地球・人間環境フォーラム 炭谷茂理事長、
当社経営委員 和崎揚子

 当社グループ発行の「CSRレポート2012」は、環境省と財団法人地球・人間環境フォーラムが主催する第16回環境コミュニケーション大賞の環境報告書部門で「優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)」を受賞しました。当社グループは昨年の「持続可能性報告大賞(環境大臣賞)」に続き、2年連続の受賞となります。
 
環境報告書部門では、「持続可能性」「地球温暖化」「生物多様性」「信頼性」など環境のさまざまな側面から評価し、優秀な取り組みや情報開示を進めている事業者・報告書が選定されます。
 
 今回の受賞は、当社グループの環境への取り組みが①船舶の運航効率を把握するための環境経営指標がIMO(国際海事機関)のガイドラインに準拠している②指標に関係するデータが一般財団法人日本海事協会の鑑定書を取得し信頼性の向上に努めている③CO2排出量の削減や省エネルギーへの取り組みなど、環境負荷低減に向けた幅広い取り組みを簡潔にまとめている-として高く評価されました。また、フィリピンの商船大学での船員教育や、当社グループで実施している70種類を超える多種多様な研修などの戦略的な人材育成の取り組み、専門用語や略語などを読み手にわかりやすく記載している点も高評価を得ました。
 
3月6日に東京・四ツ谷の主婦会館プラザエフで行われた表彰式には、当社経営委員の和崎揚子が出席し、財団法人地球・人間環境フォーラム 炭谷茂理事長から表彰状が授与されました。
 
今後もよき企業市民として積極的に社会の課題に取り組み、環境保全を始めとして持続可能な地球社会の実現に貢献していくとともに、ステークホルダーの皆さまによりご理解いただけるレポート作成に努めてまいります。
 
「CSRレポート2012」は、当社ウェブサイトでご覧いただけます。
http://www.nyk.com/csr/report/current/
 
参考:環境省報道発表資料「第16回環境コミュニケーション大賞の受賞作決定について」
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16332
 
以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。