1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2013年
  4. 日本-インドネシア、日本-ベトナム航路を改編
    -スケジュールの安定性、利便性を強化-
 
 

日本-インドネシア、日本-ベトナム航路を改編
-スケジュールの安定性、利便性を強化-

2013年2月22日

 当社はこのたび、日本-インドネシア航路(PGSサービス)と日本-ベトナム-インドネシア航路(TWXサービス)の改編を決定しました。
 
日本-インドネシア航路は関西エリアからの高速サービスを維持しつつ、関東エリアからも競争力のあるトランジットタイムをPGS-1、PGS-2サービスで実現します。さらに寄港地変更によりスケジュールの安定性も改善します。
 
日本-ベトナム航路では、従来から需要が高かったベトナム北部ハイフォン港への直接寄港を新たにVLSサービスで開始します。同時に釜山寄港も開始することで、北海道や日本海から釜山を経由して台湾・ベトナム北部へのサービス利便性を改善します。またベトナム南部への直接寄港は、同じく新サービスとなるLNSサービスで引き続き維持します。
 
本改編により、引き続き成長が見込まれる日本-インドネシア間と日本-ベトナム間を結ぶサービスを強化し、お客様のニーズに対応した高品質なサービスを提供します。
 
改編後の寄港順やサービス開始時期などは下記の通りです。
 
<新サービス>
PGS-1(Pegasus-1)サービス
28日ラウンド / 2,600TEU型4隻、ウィークリーサービス
■寄港地
東京 - 川崎 - 横浜 - 清水 - 四日市 - 名古屋 - 神戸 - マニラ - シンガポール - ポートケラン - ジャカルタ - シンガポール - 香港 - 東京
■サービス開始
S/B 3月27日東京寄港船
N/B 4月12日ジャカルタ寄港船
 
PGS-2Pegasus-2)サービス
28日ラウンド / 2,600TEU型4隻、ウィークリーサービス
■寄港地
大阪 - 名古屋 - 清水 - 東京 - 横浜 - 御前崎 - シンガポール - ジャカルタ - シンガポール - マニラ - 大阪
■サービス開始
S/B 3月27日大阪寄港船
N/B 4月11日ジャカルタ寄港船
 
VLSVolans)サービス
21日ラウンド / 1,100TEU型3隻 ウィークリーサービス
■寄港地
東京 - 横浜 - 清水 - 名古屋 - 神戸 - 釜山 - 光陽 - 基隆 - 高雄 - ハイフォン - 高雄 - アモイ - 基隆 - 東京
■サービス開始
S/B 3月26日東京寄港船
N/B 4月7日ハイフォン寄港船
 
LNSLynx)サービス
21日ラウンド / 1,700TEU型3隻、ウィークリーサービス
■寄港地
東京 - 清水 - 名古屋 - 神戸 - ホーチミン - レムチャバン - ホーチミン - 東京
■サービス開始
S/B 3月27日東京寄港船
N/B 4月7日レムチャバン寄港船
※あわせて、Herculesサービス改編に関するニュースリリースもご参照ください。
URL :  http://www.nyk.com/release/2447/002505.html
 
<現行サービス>
PGSPegasus)サービス
28日ラウンド / 2,600TEU型4隻、ウィークリーサービス
■寄港地
大阪 - 清水 - 東京 - 横浜 - 名古屋 - 神戸 - マニラ - シンガポール - ポートケラン - ジャカルタ - シンガポール - マニラ - 大阪
 
TWXTwinkle)サービス
28日ラウンド / 1,700TEU型4隻、ウィークリーサービス
■寄港地
東京 - 川崎 - 横浜 - 名古屋 - 四日市 - 神戸 - カイラン - ホーチミン - シンガポール - ジャカルタ - ホーチミン - カイラン - 香港 - 東京
 
 
 
以上
掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。