日本郵船株式会社 新卒採用サイト

menu

職種紹介

「陸上職」と「海上職」がチームワークを発揮して、次のステージへ

日本郵船の職種は大きく、陸上職と海上職に分かれており、職種別に採用が行われています。多様なバックグラウンドを持つ社員たちがジョブローテーションをしながら、グローバルに活躍できる人材へと成長していきます。

陸上職事務系

地球を舞台に真のグローバルリーダーへ

国内、海外の拠点で、営業・運航管理・企画・環境・法務・人事・財務・経理・システム開発などをジョブローテーションで経験しながら、NYKグループを率いるリーダーとなります。

陸上職事務系 陸上職事務系 陸上職事務系 陸上職事務系

陸上職技術系

地球を舞台に多方面で活躍できる技術者へ

国内、海外の拠点で、主に新技術開発・新造船計画・図面承認・新造船建造監督・船舶保守管理業務などをジョブローテーションで経験しながら、多岐に渡るフィールドで活躍する技術者となります。

陸上職技術系 陸上職技術系 陸上職技術系 陸上職技術系

海上職

地球を舞台に船のプロフェッショナルへ

航海士、あるいは機関士として、乗船経験を積み、船長や機関長を目指し運航技術を習得していきます。海上だけでなく運航技術をもとに陸上でも活躍の場があり、幅広い視野を身につけながら、船舶運航のプロフェッショナルとしてキャリアアップすることが可能です。

自社養成コース

日本郵船では、一般の四年制大学等の卒業者から船乗りになることができるコースを設けています。入社後は、独立行政法人海技大学校に設置されている海上技術コース(専攻)で、所定の教育/乗船訓練を2年かけて受け、三級海技士免状(航海または機関)を取得。その後、乗組員として経験を積み、船長や機関長を目指すことになります。

海上職(自社養成コース)採用情報はこちら
海上職 海上職 海上職 海上職
ページトップに戻る