1. ホーム
  2. 日本郵船について
  3. 会社概要
  4. 沿革
 
 

沿革

PDF形式:412KB新しいウィンドウを開きます

当社
世界の出来事
  • 郵便汽船三菱会社と共同運輸会社の合併により、9月29日 日本郵船会社を設立、10月1日創業、資本金1,100万円、所有汽船58隻
1885(明治18)年
  • 長崎・天津航路開設
1886(明治19)年
  • 日本初の遠洋定期航路(ボンベイ航路)開設
1893(明治26)年
  • ロンドン支店設置
  • 欧州、シアトル、豪州航路開設
1896(明治29)年
  • 日清戦争(1894~1895年)
  • カルカッタ航路開設
1911(明治44)年
  • 日露戦争(1904~1905年)
  • 「徳島丸」が日本籍船として初めてパナマ運河通過
1914(大正3)年
  • パナマ運河開通
  • 第1次世界大戦(1914~1918年)
  • パナマ経由 東航ニューヨーク線開設
1916(大正5)年
  • 南米東岸定期航路開設
1917(大正6)年
  • ニューヨーク支店設置
1920(大正9)年
  • 日華連絡航路(長崎・上海線)開設、第1船「長崎丸」出帆
1923(大正12)年
  • 関東大震災
  • 第二東洋汽船株式会社を合併、サンフランシスコ航路、南米西岸航路を継承
1926(大正15)年
  • 社船に二引きのファンネルマークの標示決定
1929(昭和4)年
  • 世界恐慌
  • 第2次世界大戦(1939~1945年)
  • 近海郵船株式会社を合併
1939(昭和14)年
  • 日・米・英 外交官交換船差立(「淺間丸」・「龍田丸」・「鎌倉丸」)
1942(昭和17)年
  • 戦時海運管理令公布施行
  • 終戦、所有船舶37隻、15万5,469総トンに減少
    (戦禍による喪失船185隻、113万1,424総トン)
1945(昭和20)年
  • 国際連合設立
  • GATT(関税貿易一般協定)設立(1948年)
  • バンコク、印パ、ニューヨーク、シアトル、カルカッタ、欧州、豪州、中南米ガルフ、南米東岸、中近東、西回り世界一周、中南米西岸、その他諸航路再開
1951(昭和26)年

1957(昭和32)年
  • 朝鮮戦争(1950~1953年)
  • サンフランシスコ講和条約調印(1951年)
  • ワルシャワ条約機構発足(1955年)
  • 日本、国際連合に加盟(1956年)
  • 当社初 原油タンカー「丹波丸」竣工
1959(昭和34)年
  • 欧州経済共同体(EEC)発足(1958年)
  • 当社初 鉱石専用船「戸畑丸」竣工
1960(昭和35)年
  • 貨客船「氷川丸」を山下公園(神奈川県)に係留、一般公開開始
1961(昭和36)年
  • 世界初 大型LPG専用船「ブリヂストン丸」就航
1962(昭和37)年
  • 海運再建整備に関する臨時措置法に基づき、三菱海運株式会社と合併、合併後の所有船舶153隻、228万7,696重量トン
  • 世界初 チップ専用船「呉丸」竣工
1964(昭和39)年
  • ベトナム戦争(1965~1975年)
  • 欧州共同体(EC)発足(1967年)
  • 北米西岸コンテナ(PSW)航路開設(日本初のフルコンテナ船「箱根丸」就航)
1968(昭和43)年
  • 米国シーランド社、日本/北米太平洋岸コンテナ配船開始
  • 近海、内航部門を近海郵船株式会社に委譲
  • 豪州航路、コンテナ・サービス開始
  • 当社初 自動車船「第五とよた丸」竣工
  • NYK Line(Hong Kong) Ltd.、NYK(Thailand)Co.Ltd.を設立
1969(昭和44)年
  • 「アポロ11号」月面着陸
  • 北米西岸コンテナ(PNW)航路開設
1970(昭和45)年
  • 海洋汚染防止法公布
  • 欧州航路、コンテナ・サービス開始
1971(昭和46)年
  • ニューヨーク航路、コンテナ・サービス開始
1972(昭和47)年
  • 日中国交回復
  • 沖縄返還
  • 変動相場制に移行(1973年)
  • 第1次オイルショック(1973年)
  • 大井ふ頭(東京都)で当社初の自営コンテナターミナル開業
1974(昭和49)年
  • 日本貨物航空株式会社(NCA)設立
1978(昭和53)年
  • 印パ航路、オアシス・コンテナ・サービス開始
1979(昭和54)年
  • 第2次オイルショック
  • 豪州/マレーシア/ペルシャ湾航路、三国間コンテナ・サービス開始
1980(昭和55)年
  • イラン・イラク戦争(1980~1988年)
  • 南米西岸航路コンテナ・サービス開始
  • 南アフリカ航路コンテナ・サービス開始
1981(昭和56)年
  • NYK Line (Singapore) Pte. Ltd.設立
  • インドネシア出しLNG輸送開始
1983(昭和58)年
  • 米国新海事法発動(1984年)
  • 北米でダブルスタック・トレインのサービス開始
1985(昭和60)年
  • プラザ合意
  • 長期経営ビジョン「NYK21」を策定
1986(昭和61)年
  • チェルノブイリ原子力発電所事故
  • NYK Line (North America) Inc. 設立
  • Hong Kong Logistics Center 開業
1988(昭和63)年
  • NYK Bulkship (USA) Inc. と NYK Bulkship (Europe) Ltd. を設立
  • NYK Line (Europe) Ltd.を 設立
  • バンコク、ロサンジェルス、シドニーで物流センター開業
1989(平成元)年
  • ベルリンの壁崩壊
  • クルーズシップ「クリスタル・ハーモニー」竣工、客船事業を再開
1990(平成2)年
  • 日本ライナーシステム株式会社を合併
  • 米国ロサンゼルスとオークランドにてコンテナターミナル開業
  • タイのラムチャバンでコンテナターミナル開業
  • NYK Line (Australia) Pty. Ltd. と NYK Shipping (N.Z.) Ltd. を設立
  • クルーズシップ「飛鳥」竣工
1991(平成3)年
  • 湾岸戦争
  • ソビエト連邦崩壊
  • 台湾の高雄でコンテナターミナル開業
1992(平成4)年
  • 日本籍船初のダブルハルタンカー「高峰丸」竣工
1993(平成5)年
  • 欧州連合(EU)12カ国発足
  • 4800TEU積コンテナ船「NYK Altair」竣工
  • 欧州でNYK Line (Deutschland) GmbH、NYK Line (Benelux) B.V.、NYK Line (Sverige) ABを設立
1994(平成6)年
  • 中東和平条約調印
  • NYK Line (China) Co. Ltd. 設立
1995(平成7)年
  • 阪神・淡路大震災
  • 北米、欧州航路でグランドアライアンスによる新サービス開始
  • カタール出しLNG輸送開始
1996(平成8)年
  • 「海の日」が祝日に制定
  • 東京湾にてタンカー「ダイヤモンドグレース」原油流出事故発生
1997(平成9)年
  • 香港、中国に返還
  • 昭和海運株式会社を合併
  • 独自の安全運航規格「NAV9000」を導入
1998(平成10)年
  • 定航部門、自動車船部門でISO9002認証を取得
1999(平成11)年
  • 中期経営ビジョン「NYK21新世紀宣言」を発表
2000(平成12)年
  • 在来船事業を日之出汽船株式会社に移管
  • 星港に船舶管理会社NYK Shipmanagement Pte. Ltd. 設立
2001(平成13)年
  • 米国で同時多発テロ
  • 傭船船隊を含めたISO14001認証取得(世界初)
  • Ceres Terminals社(米国)買収
2002(平成14)年
  • 欧州単一通貨ユーロ流通開始
  • 中長期グループ経営ビジョン「Forward 120」策定
  • 日本郵船歴史博物館オープン
  • 物流事業統轄会社NYK Logistics(Europe)Ltd.およびNYK Logistics(Asia)Pte.Ltd設立
  • 大連で完成車専用港湾ターミナル事業に参画
2003(平成15)年
  • イラク戦争(2003~2010年)
  • SARS(重症急性呼吸器症候群)流行
  • 海外物流事業ブランドを“NYK Logistics”に統一
  • 株式会社MTI設立
  • コーポレート・シティズンシップ・オフィス(OCC)設立
2004(平成16)年
  • アジアで鳥インフルエンザ猛威
  • スマトラ島西方沖地震(M9.1)発生
  • NYKグループ中期経営計画“New Horizon 2007”策定
  • 日本貨物航空株式会社を連結子会社化
  • ロシアに在勤事務所開設
2005(平成17)年
  • 京都議定書が発効
  • トルコに在勤事務所開設
  • 国連「グローバル・コンパクト」に参加
  • 8600TEU積コンテナ船「NYK Vega」竣工
  • クルーズシップ「飛鳥Ⅱ」デビュー
  • 関連リンク:2006年の重大ニュース

2006(平成18)年
  • フィリピンに商船大学「NYK-TDG MARITIME ACADEMY」開校
  • NYKグループ・バリュー「誠意・創意・熱意」発表

関連リンク:2007年の重大ニュース

2007(平成19)年
  • 原油が1バレル 100ドルに迫る高騰
  • NYKグループ中期経営計画“New Horizon 2010”発表
  • 環境特命プロジェクト“NYK Cool Earth Project”発足
  • 太陽光発電システムを搭載した自動車専用船「Auriga Leader」竣工

関連リンク:2008年の重大ニュース

2008(平成20)年
  • 米国、大手証券会社リーマン・ブラザーズ経営破綻
  • 緊急構造改革「宜候プロジェクト」開始
  • 未来のコンセプトシップ「NYK スーパーエコシップ2030」発表
  • ブラジルで大水深掘削船(ドリルシップ)事業に参画

関連リンク:2009年の重大ニュース

2009(平成21)年
  • 新型インフルエンザが世界的に拡大
  • 空気潤滑システム搭載の新型モジュール船「Yamato」「Yamatai」竣工
  • Knutsen Offshore Tankers社に出資、シャトルタンカー事業に進出
  • 定期船事業の本社機能をシンガポールに移管
  • 物流事業の再編・統合を開始、郵船ロジスティクス(株)始動

関連リンク:2010年の重大ニュース

2010(平成22)年
  • NYKグループ中期経営計画“More Than Shipping 2013”発表
  • ブラジルでFPSO事業に参画

関連リンク:2011年の重大ニュース

2011(平成23)年
  • 東日本大震災(M9.0)発生
  • 世界初、船舶エネルギー効率管理計画(SEEMP)の鑑定書を(財)日本海事協会から取得
  • 欧州航路で新アライアンス「G6アライアンス」によるサービス開始
  • ウィーストーン(オーストラリア)LNGプロジェクトでLNG上流事業に共同参画

関連リンク:2012年の重大ニュース

2012(平成24)年
  • 日之出郵船とNYKグローバル・バルクが合併し、「NYKバルク・プロジェクト貨物輸送」が発足

関連リンク:2013年の重大ニュース

2013(平成25)年
  • シリア内戦
  • NYKグループ中期経営計画“More Than Shipping 2018~Stage 2 きらり技術力~”を発表
  • 世界初 LNG燃料自動車専用船2隻の建造を決定
  • 世界初 大型LNG燃料供給船建造とLNG燃料販売事業の参画を決定
  • 独占禁止法第三条の違反

関連リンク:2014年の重大ニュース

2014(平成26)年
  • エボラ出血熱の感染拡大
  • 日本初 LNG燃料タグボート「魁」が竣工

関連リンク:2015年の重大ニュース

2015(平成27)年
関連リンク:日本郵船の歴史