1. ホーム
  2. 日本郵船について
  3. 企業理念
  4. 企業行動憲章
 
 

企業行動憲章

私たちは、1885年の創立以来、幾多の困難を乗り越えて、世界海運のリーダーとして健全なる発展を重ねてきました。

私たちは、これからも、世界経済・文化の発展の礎として、人および物の広汎な交流の重要性を認識し、安全・確実なサービスの提供にまい進します。

私たちは、海・陸・空にまたがるグローバルな総合物流企業グループとして、安全の確保と環境への取り組みを最優先し、社会的に有用なサービスの向上に向けて、たゆまぬ研鑽に励み、また、お客様の要望に謙虚に耳を傾け、その期待と信頼に応えます。

私たちは、国の内外において、事業活動に関わる全ての人々の人権を尊重し、諸法令、国際ルール、およびそれらの精神に則った事業活動を営むことにより、社会の持続可能な発展に向けて、高い倫理観をもって社会的責任を果たします。

こうした認識のもとに、ここに「日本郵船グループ企業行動憲章」を定めます。

  1. 誠実な事業活動

    贈収賄などのあらゆる形態の腐敗を許さず、各国の競争法を遵守し、公正、透明、自由な競争ならびに適正な取引を行い、株主および投資家をはじめステークホルダーとの良好な関係を築き、長期安定的な成長を通じ企業価値の向上を目指します。

  2. 安全の確保と環境への取り組み

    安全の確保と環境への取り組みを企業の存在と活動に必須の要件として、主体的に行動します。あらゆる事業活動を通じ安全対策の拡充および海洋・地球環境、自然生態系の保全に努め、持続可能な成長を目指し、環境にやさしい安全輸送技術の向上のために研鑽します。

  3. 保安体制の強化

    非合法活動による国際物流ネットワークの遮断や悪用、また情報への不正なアクセスおよび漏洩などを防止するため、保安の確保とその維持に努めます。

  4. 諸法令の遵守と人権の尊重

    企業は社会の一員であることを自覚し、正義と公正を旨として、各国の法令の遵守、人権を含む各種の国際規範の尊重はもとより、地域の善良な文化や習慣、ステークホルダーの関心に配慮し、善良なる社会倫理規範にもとることのない企業活動を遂行します。

  5. 反社会的勢力の排除

    市民生活の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは、断固として対決し、関係遮断を徹底します。

  6. 社会とのコミュニケーションと情報開示・情報保護

    株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを図り、企業情報を積極的かつ公正に開示します。また、お客様をはじめ事業活動に関わる全ての人々の個人情報保護や各種情報管理の徹底に努めます。

  7. 社会貢献活動

    良き企業市民として、社会貢献活動を積極的に推進します。

  8. 良好な職場環境の保全等

    多様な人材が活躍できるよう、社員の多様性、個性、および人間性を尊重し、良好な職場環境の保全に努めます。

経営トップは、本憲章の精神の実現を自らの役割と認識して率先垂範し、日本郵船株式会社ならびにそのグループ会社にその徹底を図るとともに取引先に促し、実効ある社内体制を確立します。また、万一、法令違反や不祥事、その他本憲章に反する重大な事態や緊急事態が発生した場合、経営トップは迅速かつ的確に原因究明と問題解決に努め、さらに再発防止に責務を負います。

平成9年12月19日制定
平成16年8月26日改正
平成23年4月1日改正

行動規準

当社企業理念と企業行動憲章を具体化し、役員及び従業員が守るべき正しい行動の指針として「日本郵船株式会社行動規準」を定めています。

「日本郵船株式会社 行動規準」
       PDFアイコン日本郵船株式会社 行動規準(PDF:163KB)
序章
第1章 サービス品質の向上、安全性の追求、環境の保全
第2章 公正な事業活動
第3章 利益相反行為の禁止
第4章 人権、多様な文化の尊重
第5章 社会との関係
第6章 働きやすい職場環境の実現
第7章 情報の取り扱い
第8章 経営トップの責任
第9章 違反の疑いがある行為の報告・相談