1. ホーム
  2. IR情報
  3. 個人投資家の皆さまへ
  4. 日本郵船のご紹介 [2. 日本郵船の事業領域について]
 
 

日本郵船のご紹介 〜日本郵船の事業や戦略を、簡単にわかりやすくご説明いたします〜個人投資家の皆さまへ 日本郵船のご紹介 〜日本郵船の事業や戦略を、簡単にわかりやすくご説明いたします〜

日本郵船グループの事業規模

事業規模

事業の構成比率と各セグメントについて

事業の構成比率

一般貨物輸送事業

定期船事業

コンテナ船による世界最大級の航路ネットワークをグローバルに展開するコンテナ船部門と海・陸一貫輸送の中継点となるコンテナターミナル等を世界各地で展開するターミナル関連部門で構成されています。

不定期専用船事業

自動車輸送部門

世界最大の自動車専用船隊による完成車の海上輸送をしています。自動車メーカーの生産拠点が日本から世界各地に広がる中、現地生産に対応した三国間輸送も強化しています。また水際から内陸の輸送を担う付加価値サービスを備えた自動車物流も強化しています。

その他事業

不動産業

日本郵船および不動産業を営むグループ会社が保有する不動産の運営により行われる事業です。

航空運送事業

連結子会社である日本貨物航空(NCA)により、日本発着を中心とした北米、欧州、アジアとの国際航空貨物運送事業を展開しています。

ドライバルク部門

貨物の特性に応じ様々なサイズの船を整備した船隊は世界トップクラスの規模で、世界の経済活動に不可欠な鉄鉱石、石炭、穀物、木材などの原料やエネルギーさらに重量物などあらゆるばら積み貨物を輸送しています。

その他の事業

石油製品や舶用機器販売を主に取り扱う郵船商事のほか、船舶代理店業、レストラン観光業、クルーズ業などを行っている連結対象子会社の事業で構成されています。

物流事業

グローバルに展開する物流拠点間を結ぶネットワークを利用し、倉庫・配送から海上・航空フォワーディングまで、物流全体を最適化する包括的なサービスメニューを提供しています。

リキッド部門

原油・石油製品・LPG・メタノール等を輸送するタンカーや液化天然ガスを輸送するLNG船を運航しています。さらに、海底油田・ガス田からの輸送に関わる海洋事業もこの部門に属します。

もっと詳しく知りたい方は、ぜひ下記ページもご覧ください。