1. Home
  2. IR情報
  3. 日本郵船の5つの強み
  4. 5. 高いサステイナビリティ(持続可能性)

日本郵船の5つの強み

5. 高いサステイナビリティ(持続可能性)

a) 創業130周年

b) 高い技術力と環境規制への対応

  • 様々な環境規制(CO2、SOx,、NOx、バラスト水排出規制、等)は年々強化される傾向
  • これら規制への対応の遅れは、ビジネス継続のリスクのみならず、駆込み需要時のコスト割増にも繋がる
  • 当社はこれら規制に前広に対応
  • また、これら規制の強化は寧ろ新技術を用いた新たなビジネスチャンスと捉えている

c) 外部審査機関からの高い評価

  • 環境保全や法令遵守等、持続可能性に関する積極的な取組みが高く評価されている
「Dow Jones Sustainability Index」に継続選定 DJSI※の選定銘柄は、詳細な調査に基づき経済・環境・社会的側面を考慮し、持続可能性の観点から一定水準以上の企業が評価選定されたものです。
※ DJSI:米国の指標会社 S&P Dow Jones Indices社とCSR調査・格付けを行うRobeco SAM社(スイス)による株式指標。
「FTSE4Good Index」に14年連続で継続選定 FTSE4Good Index※はDJSIと共に社会的責任投資(SRI)の代表的な指標として、企業の持続可能性に関心を持つ投資家の重要な投資選択基準となっています。
※ FTSE4Good Index: 英国のFTSEグループ(英国Financial Times社とロンドン証券取引所の合資会社)による株式指標。
「MS-SRI」
日本企業150銘柄を選定する日本初のSRI株価指数に2004年より継続選定
モーニングスター社のMS-SRI に2004年より継続採用されています。
「MSCI ESG Leaders Indexes」に継続選定 社会的責任投資(SRI の株価指標として世界的に認知度の高い「MSCI・ESG・リーダーズ・インデックス(MSCI ESG Leaders Indexes)」の構成銘柄に選定されました。
MSCI ESG Leaders Indexesは、米国のMSCI社が開発したインデックスで、特にESGに優れた企業を選定したものです。
フランスの港湾当局より「Best Green Shipping Line HAROPA –ESI2015」を受賞 フランスのHAROPA港湾当局(ル・アーヴル港、ルーアン港、パリ港が共同で管理運営)より4年連続で「ESIアウォード」を受賞しました。邦船社では唯一の受賞となります。
※ 「ESI (Environmental Ship Index)」は、船舶から排出されるNOxやSoxに関わるデータを基に、船舶の運航が環境に与える影響度を測る指標。HAROPA港湾当局は、自ら管理運営する3港への寄港船に対して、高いスコアを収めた船会社10社に対し2012年以降毎年「ESIアウォード」を授与している。
ESG投資のための株価指数の構成銘柄に選定
―MSCI社とFTSE Russellの3つの新指数に採用―
当社は、グローバルインデックスプロバイダーであるFTSE Russellにより構築された「FTSE Blossom Japan Index」、および米国MSCI社が開発した「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」と「MSCI日本株女性活躍指数」の構成銘柄となりました。これら3つの新指数は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が公募していたESG投資のための指数に選定されています。
「健康経営優良法人2017~ホワイト500~」に認定 保険者と連携して優良な健康経営※を実践している大規模法人を顕彰する制度である「健康経営優良法人2017~ホワイト500~」に海運業界で唯一認定されました。
※ 企業などが従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践すること。NPO法人健康経営研究会の登録商標。
「攻めのIT経営銘柄」 東京証券取引所と経済産業省が共同で選定する「攻めのIT経営銘柄2017」に2016年に引き続き選出されました。当社のITへの積極的な取組みおよびIT政策の立案と執行について適正なガバナンスを確保している社内体制が高く評価されました。