1. Home
  2. IR情報
  3. 日本郵船の5つの強み
  4. 5. 高いサステイナビリティ(持続可能性)

日本郵船の5つの強み

5. 高いサステイナビリティ(持続可能性)

a) 創業130周年

  • (1) 130年以上の歴史
  • (2) 三菱グループの源流企業
  • (3) 第二次世界大戦以降多角化により発展

b) 高い技術力と環境規制への対応

  • 様々な環境規制(CO2、SOx,、NOx、バラスト水排出規制、等)は年々強化される傾向
  • これら規制への対応の遅れは、ビジネス継続のリスクのみならず、駆込み需要時のコスト割増にも繋がる
  • 当社はこれら規制に前広に対応
  • また、これら規制の強化は寧ろ新技術を用いた新たなビジネスチャンスと捉えている

c) 外部審査機関からの高い評価

  • 環境保全や法令遵守等、持続可能性に関する積極的な取組みが高く評価されている
「JPX日経400」
資本の効率的活用や投資者を意識した経営観点など、グローバルな投資基準に求められる諸要件を満たした、「投資者にとって投資魅力の高い会社」で構成される新しい株価指数に2015年より採用。
「攻めのIT経営銘柄」
東京証券取引所と経済産業省が共同で選定する「攻めのIT経営銘柄2016」に海運業で初めて選出。当社のITへの積極的な取組みおよびIT政策の立案と執行について適正なガバナンスを確保している社内体制が高く評価された。
CDPの「気候変動情報開示先進企業」に4年連続で選定
CDP(※)により気候変動情報開示に優れた企業として「クライメート・ディスクロージャー・リーダーシップ・インデックス(CDLI)」に4年連続で選定。 ※CDP : 運用資産総額95兆米ドルを有する世界の822の機関投資家を代表し、企業の温室ガス排出量や気候変動等に関する取り組みの情報を収集、評価している国際非営利団体(NPO)。
「Dow Jones Sustainability Index」に継続選定
DJSI(※)の選定銘柄は、詳細な調査に基づき経済・環境・社会的側面を考慮し、持続可能性の観点から一定水準以上の企業が評価選定されたもの。 ※DJSI:米国の指標会社 S&P Dow Jones Indices社とCSR調査・格付けを行うRobeco SAM社(スイス)による株式指標。