1. ホーム
  2. IR情報
  3. 業績・財務情報
  4. 業績ハイライト [セグメント別推移]
 
 

業績ハイライト

セグメント別推移

セグメント別売上高構成比率(2016年度実績)

セグメント別売上高構成比率グラフ

2017年度3月期のセグメント別概要

定期船事業

コンテナ船部門では、第1四半期にスポット運賃が史上最低水準まで下落しましたが、韓国船社破綻の影響や荷動きの増加により需給バランスが改善し、北米・欧州航路では市況の緩やかな回復が見られました。中南米航路でも需給バランスが改善しましたが、アジア航路は船舶の大型化による供給過剰により厳しい市況が続きました。
サービス面では、当社の参加するG6アライアンスでは大きな航路改編はありませんでしたが、需要に見合ったサービスの合理化を進め、一部で休航を実施するなどして競争力の維持に努めました。
コスト面では、積載効率・燃費効率に優れた新造大型船の投入、既存船舶の改造による燃料消費量の削減や効率的な配船により、引き続き船費や運航費の削減に努めました。さらに効率的なコンテナ運用と粗利の極大化を目指すEAGLEプロジェクトをより進めて、一層のコスト削減・粗利向上に努めることで回復半ばである市況への耐性を高めました。国内・海外コンテナターミナルの総取扱量は前年比で増加しましたが、定期船事業全体ではコンテナ船運賃の低迷により前連結会計年度比で減収となり損失を計上しました。
なお、昨年10月の発表のとおり、邦船3社による定期船事業の統合(海外ターミナル事業を含む)を決定し、準備を進めています。新合弁会社は平成30年4月にサービスを開始する予定です。

航空運送事業

航空運送事業は、効率的なオペレーションに努めるとともに、輸送品質の向上やマーケット需要への迅速な対応に取り組みました。上期は運賃下落や円高の影響もあり厳しい状況が続きましたが、下期は往復航とも荷動きが活発化し、機材の発注をキャンセルしたことに伴う為替差益の計上もあり、前連結会計年度比減収増益となりました。

物流事業

航空貨物取扱事業・海上貨物輸送事業ともに販売拡大戦略のもと大きく取扱量を伸ばしましたが、中国を中心にアジアでは厳しい事業環境が継続し、航空貨物取扱事業の粗利が低下しました。ロジスティクス事業では、米州における内陸輸送の仕入れ環境の改善が見られなかったことや、アジア新興国での経済成長鈍化の影響を受け力強さに欠けました。内航輸送事業の荷動きは好調に推移しましたが、物流事業全体の業績は、前連結会計年度比減収減益となりました。

不定期専用船事業

自動車輸送部門では、原油を含む資源価格の下落を背景に、主に資源国向けの輸送需要が伸び悩み、輸送台数は前期を下回り輸送効率が悪化しました。このような厳しい状況下、引き続き減速航海を徹底するなど運航費の削減に努めるとともに、解撤売船や返船を行なうなど輸送効率の改善に努めました。グループ会社では世界初となるLNG燃料船が就航し、環境負荷低減に努めています。自動車物流部門では、中国やインドを中心とした既存事業は概ね順調に推移しており、次の成長市場とみなされるケニアやベトナムにおいて現地企業と完成車物流会社の共同設立に合意しました。

ドライバルク部門では、市況の低迷が船舶の解撤を促しましたが新造船の竣工も続き、船腹過剰状態の本格的な解消には至りませんでした。一方で、鉄鉱石や穀物などの荷動きが増加したため需給ギャップが改善し、市況は緩やかな回復を示しました。このような状況下、当社グループは長期契約の獲得に努めるとともに、効率的な運航の徹底を進めるなどのコスト削減に取り組みました。さらに貨物の組合せや配船の工夫によりバラスト航海を減らすなど、収支の向上に努めました。

リキッド部門では、VLCCは荷動きが堅調だったものの新造船の供給圧力が強く、石油製品タンカーは東西荷動きが減少、LPG船は東アジア向け貨物の積出地が米国から中東に移ったことによる輸送距離の減少によって、市況は悪化しました。LNG船は安定的な収益を生む長期契約に支えられ順調に推移しました。海洋事業はFPSO(浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)が新たに2基稼働を開始し、ドリルシップやシャトルタンカーは順調に稼働しました。

以上の結果、不定期専用船事業全体では前連結会計年度比減収となり、損失を計上しました。

不動産業

不動産業は、市況は堅調で新たな賃貸物件の稼働も順調でした。また出資先による不動産信託受益権の売却益等を営業外収益に計上したため、前連結会計年度比で大幅な増益となりました。

その他の事業

その他の事業は、船用品販売事業は好調に、客船事業は客単価・乗船率ともに堅調に推移しました。一方、船舶用燃料油販売事業は為替等の影響もあり厳しい状況となりました。また資金調達に係る一時費用の計上もあり、その他の事業全体では、前連結会計年度比で若干の減収となり損失を計上しました。

(億円)
  2014年度 2015年度 2016年度
1Q 2Q 3Q 4Q 通期 1Q 2Q 3Q 4Q 1Q 2Q 3Q 4Q
定期船
事業
売上高 1,668 1,772 1,713 1,809 6,963 1,841 1,940 1,686 1,594 1,414 1,391 1,498 1,554
経常利益 -1 51 10 37 98 39 38 -69 -11 -88 -64 39 -13
航空運送
事業
売上高 223 240 268 259 991 246 242 238 183 190 194 225 209
経常利益 -22 -11 20 19 6 8 1 12 -6 -19 -14 22 38
物流事業 売上高 1,098 1,167 1,272 1,331 4,869 1,234 1,260 1,299 1,170 1,138 1,119 1,180 1,175
経常利益 14 28 30 34 107 23 37 41 16 21 24 20 9
不定期
専用船
事業
売上高 2,525 2,454 2,492 2,487 9,958 2,375 2,456 2,269 1,921 1,801 1,696 1,766 1,912
経常利益 119 155 181 144 600 144 128 137 56 -8 -85 80 -27
不動産業 売上高 24 24 23 23 95 23 25 24 24 24 24 25 20
経常利益 9 8 8 6 32 7 9 8 7 9 9 94 7
その他の
事業
売上高 570 584 528 520 1,706 378 386 365 339 320 345 370 428
経常利益 5 19 1 -10 -5 -1 2 8 -9 -6 1 6 -16

(注)億円未満 切り捨て