育成・研修制度

HR理念

「国内外グループ各社の多様な人材を、グローバルなフィールドでたゆみなく育成する」
幅広い事業分野で、さまざまな国籍を持つ日本郵船グループの社員に向けて、一人ひとりが、その持てる能力を最大限に発揮できるようにと、HR(Human Resources)理念を2005年に定めました。次代を担う人材の育成を目指して、

  1. 異文化や異質な考え方に対する包容力と柔軟性
  2. 明確な目標を自ら設定し、周囲を引っ張っていくことができるリーダーシップ
  3. 専門分野に止まらず広い視野を持って全般的な管理業務もこなせるマネジメント能力の育成

に力を注いでいます。

陸上職社員

GHRによる人材の有効活用

人事グループGHR統轄チーム※1と世界各極の人事責任者が連携し、組織・育成計画・育成手段・人材交流の4つの柱に基づく各種プロジェクトを推進しています。

※1 GHR(Global Human Resources)
グローバルに事業展開する日本郵船グループ全体を視野に入れた人事組織。

GHR推進4つの柱

グローバルな地域人事担当者の役割

世界各地に展開する当社グループ会社のグローバルな人材育成において、各地域統轄会社のRHR(Regional Human Resources Representative 地域人事担当者)が重要な役割を果たしています。
RHRが担当地域内各国のグループ会社と本社の掛け橋として、部門や国を超えて、人材育成についての情報共有や意見交換を行い、また本社への提案や報告を通してHR理念の推進と浸透に貢献しています。

人事実態調査「HRサーベイ」の実施

2006年より、国内外グループ社員の人事労務・人材育成に関する定例調査(HRサーベイ)を始めました。各グループ会社と調査結果を共有し、グループ全体で人事課題への認識を深め、改善に取り組んでいます。HRサーベイは社員数などの基礎情報および人事関連の重点的課題に焦点をあてた内容で構成され、毎年調査内容の見直しも行い、2008年からは調査のオンライン化を進め、業務効率化とデータの有効活用を図りました。近年では2007年から実施している、国連グローバル・コンパクトの人権および労働に関する原則の順守状況についての確認に加え、人権に関する研修啓発の実施の有無や、サプライチェーン上での児童労働や強制労働などの人権リスクに対する意識についても確認しています。

NYKビジネスカレッジ

当社グループでは、グループ社員の総合力強化を目指した研修体系「NYKビジネスカレッジ」のプログラム内容を充実させています。2016年度は60種以上の研修に、延べ 2,400名以上のグループ社員が参加しました。さらに、eラーニングプログラムには国内外合わせて10,000名以上が参加し、CSR、環境、コンプライアンスなどをテーマとした当社グループの取り組みについて学んでいます。
また、次世代を担う人材が、視野を広げ、リーダーシップ、マネジメント力を強化・伸張させる育成目的のため、若手から中堅社員を対象とした階層別研修を実施しています。モノ運びを通じてステークホルダーの皆さまに貢献できるグループ社員育成に、今後もさらに内容を充実させていきます。

教育

    2014年 2015年 2016年
平均研修参加日数(日) 全平均 - -

13.51

陸上職※①(海技者含む) 5.02 6.82

6.58

海上職 29.80 34.40

39.50

平均教育・研修費用(円) 全平均 - -

298,470

陸上職※②(海技者含む) 148,943 181,410

184,962

海上職 533,133 614,410

719,175

※① 社外研修除く

※② 社内・社外研修対象

The Global NYK / YLK Weekの実施

2002年より、当社グループの世界の各拠点から選抜された管理職を対象に年に一度、東京本社にて集合研修を実施しています。2012年度以降は郵船ロジスティクス(株)と合同開催しており、国や会社、部門の垣根を越えたネットワークの構築や、NYKグループ・バリューの浸透という役割も担っています。また、両社社長との直接対話や、経営陣への提言プレゼンテーションなどを通じて、事業運営への参画意識を高めることも目的としています。
グローバル企業として、社員の多様性と挑戦する気概を尊重し、人材育成に力を注ぎ、夢と誇りを持って働ける日本郵船グループを目指しています。

写真 写真

海上職社員

当社独自の統一基準で船員を育成 

船舶を安全に運航するためには優秀な船員を確保・育成することが重要です。船員の多国籍化が進む当社グループでは、すべての船員を独自の統一した基準で育成するために、三等航海士、三等機関士から船長、機関長に至るまで、それぞれの職位で必要な知識・技能を明確化し、「NYKマリタイムカレッジ」という研修体系を整え、船員を育成しています。

海技免状取得前と海技免状取得後

船員教育プログラム

より高いレベルでの安全運航と環境保全を達成するためには、船舶といったハードの改善やシステムの強化だけでなく、それを動かす「ヒト(船員)」の育成が不可欠です。当社では、当社グループの運航船の船員に要求する知識・技術の要件を「NYK Requirements」として定め、幅広い技術や高い専門性を習得するための船員教育プログラム「NYKマリタイムカレッジ」を整え、船員育成を進めています。キャデット訓練船※2による新人船員へのOJT※3教育をはじめ、各船に当社開発のe-ラーニングプログラム“NYK-STARS※4”を導入し、船上でのスキルアップを図っています。陸上においては、世界各地の研修所および船舶管理会社において当社グループ統一の教材・カリキュラムを用いた講義やシミュレータを利用した高度な訓練を行っています。

※2 キャデット訓練船
通常の商船に教育施設(20人のキャデット部屋、教室、インストラクター用居室など)を増設した船舶
※3 OJT
On the Job Training
※4 NYK-STARS
NYK-Shipboard Training and Assessment Record System
キャデット用のCADET-STARS、自動車専用船用のPCC-STARSなどの荷役に特化した船種別のSTARS、ディーゼルエンジン・スチームタービンエンジンなどの機関関連のSTARSなど、さまざまな種類がある

NYKマリタイムカレッジ受講者数(国籍別)



このページの先頭へ