育成・研修制度

船員教育プログラム

より高いレベルでの安全運航と環境保全を達成するための一番の鍵は、ハードでもシステムでもなく、それを動かす「ヒト(船員)」です。当社では、陸上および船上での幅広い技術や高い専門性を習得するための船員教育プログラム「NYKマリタイムカレッジ」のもと、自社運航船に乗組む船員に要求される知識・技術の要件を「NYK Requirements」として定め教育しています。OJT※1としては6隻のキャデット船※2による新人教育をはじめ、各船に自社開発のe-ラーニングツール“NYK-STARS※3”を導入し、船上でのスキルアップを図っています。陸上においては、世界各地の研修所およびマンニングオフィス※4で統一の教材・カリキュラムを用いた講義・実習を行っています。

※1 OJT
On the Job Training
※2 キャデット船
各国の船員養成機関で学課を修了したキャデット(幹部候補生)向けの船上訓練用設備を備えた船舶
※3 NYK-STARS
NYK-Shipboard Training and Assessment Record System
キャデット用のCADET-STARS、自動車専用船用のPCC-STARSなどの荷役に特化した船種別のSTARS、ディーゼルエンジン・スチームタービンエンジンなどの機関関連のSTARSなど、さまざまな種類がある
※4 マンニングオフィス
船舶管理会社支店および船員派遣代理店

独自の教育制度「NYKマリタイムカレッジ」概念図

図


このページの先頭へ