• ホーム >
  • フィリピン商船大学NTMA開校10周年

フィリピン商船大学NTMA開校10周年

当社は、NYK Qualityの優秀な船員育成をめざし2007年6月フィリピンに商船大学を設立しました。
開校から10年が経過し、卒業生が累計700名を超え、今では幹部社員も誕生しています。
これからも同校は「フィリピンの船員教育の一端」を担っていきます。

写真

当社は、フィリピンのトランスナショナル・ダイバーシファイド・グループ(以下TDG)と共同運営する商船大学NYK-TDG MARITIME ACADEMY(以下NTMA)の開校10周年を記念して、2017年7月に創立10周年記念式典を開催しました。
式典には、ローランド・ゲバラ・アルバラード在フィリピンのパナマ大使のほか多数の来賓を迎え、TDGのロベルトC.デルガド会長、当社相談役の宮原耕治、在校生・卒業生など関係者約2,200人が出席しました。

写真

TDG ロベルトC.デルガド会長と当社宮原相談役

写真

TDGのデルガド会長は式典のあいさつで、当社との長い親交に触れながら学校設立時を振り返り、今後は世界情勢や海運業界の変化に対応した人材育成が必要である、と述べました。

当社相談役の宮原からは、10年間、尽力いただいた関係者に感謝の意を表し、在校生・卒業生に対して海運業界のさまざまな課題や期待に応えながら未来を形作っていくこと、そのためには3I'sの共有とともに、スチュワードシップや地域社会への関与が重要というメッセージを伝えました。

3年後の2020年には、卒業生が約1,300名に達する見通しです。

※ 3I's NYKグル―プ・バリュー「誠意」「創意」「熱意」。日本郵船グループ企業理念を実現していく際の心構え



このページの先頭へ