海での取り組み

安全運航の取り組み

日本郵船グループは、「モノ運び」を通じて、お客さまのサプライチェーンの一翼を担い、人々の生活を支えています。安全運航の現場最前線である船舶がオフィスから遠く離れた環境にある海運業において、関係者で目標を共有し、地道な活動を継続し、PDCAサイクルを回していくことが、最も重要であると考えています。当社グループでは、事故・トラブル情報をデータベース化して関係者間で共有を図り、安全運航の達成度は遅延時間により計測しています。また、トラブルに内在するリスクを都度評価しさらなる安全に向けての活動方針を決定し、改善活動を継続しています。

PLAN(計画)

安全・環境対策推進委員会

安全運航の確保が当社グループにおける事業活動の基盤であるとの認識の下、社長を委員長とする「安全・環境対策推進委員会」を2001年に設置し、国内外の海陸関係者が一丸となって安全・環境に関する活動を推進しています。同委員会では毎年、前年度の活動をレビューし、当年度の活動方針や目標を決定しています。また、同委員会で決定した活動方針は、安全・環境対策推進委員会の船種ごとの小委員会で具体化し、各船の安全推進活動として実行しています。

安全推進体制図

図

DO(実行)

安全推進キャンペーン

安全推進の取り組みを当社グループの企業文化として定着させ、さらなる活動を推進するべく、安全推進キャンペーン※1を定期的に展開しています。その時々に応じた共通テーマを設定し、海陸の関係者が意見交換を行い、相互理解を深めています。キャンペーン期間中、多くの役員、社員が船舶を訪問し乗組員と安全について直接対話することや、船主や船舶管理会社など関係者にお集まりいただき議論を深める機会を設けることで、現場により近い活動となるよう工夫しています。
また、日々の情報共有のツールとして、事故速報を周知する“CASUALTY REPORT”、事故・トラブルの予防指針を伝える“SAFETY BULLETIN”、機関系情報に特化した“MARINE ENGINEERING INFORMATION”、保安情報に関する“SECURITY INFORMATION”など、即応性に配慮した情報配信により、安全推進活動のさらなる強化に努めています。

※1 安全推進キャンペーン 「Remember Naka-no Se」
1997年7月のダイヤモンドグレース号の油流出事故を教訓として、毎年7月1日から2カ月間、安全運航の重要性をすべての社員が再確認する安全キャンペーン。経営トップをはじめ社員が運航船に足を運び、安全運航の実施状況の検証などを行っている。

安全推進活動コンペティション

安全推進キャンペーンの一環として、2017年度より新たに国内外の船主・船舶管理会社の関係先を対象としたコンペティションを導入しました。乗組員一人ひとりがさらに一歩踏み込んだ当事者意識を持つために、“Brush up on Safety Awareness”テーマのもと、独自の安全推進活動を積極的に行った船主・船舶管理会社を表彰しています。

遅延時間で安全を計る

当社グループでは、船舶の安全運航の達成度を計るため、事故・トラブルによって運航が止まった時間を指標として取り入れ、遅延時間"ゼロ"を目指し、海陸一丸となって目標達成に向けて取り組んでいます。

グラフ

近年、遅延事故"ゼロ"達成の手段の一つとしてIoTやビッグデータの活用による船舶機器の故障予知・予防の研究を進め、陸上からも安全運航をサポートできる体制を構築しています。

ニアミス3000活動

当社グループの「ニアミス3000活動」は、事故を未然に防ぐことを目的とし、ハインリッヒの法則に基づき、見過ごしがちな事故の予兆を対象としています。初期の段階で事故の芽を摘み取る活動を、DEVILを見逃さない「DEVIL Hunting !※2」というスローガンを掲げ、2006年から当社グループのパートナーである船主や船舶管理会社に展開しています。
この活動は乗組員の安全意識を啓発し、衝突予防、機器の故障予防、作業中の事故予防など、乗組員が日常業務の中で常に安全意識を持って行動し、それを継続することで、より安全で作業しやすい環境づくりを目指しています。

※2 DEVIL Hunting !
DEVILは、Dangerous Events and Irregular Looks(不安全行動や不安全状態)の略。
重大事故に至らないように、前兆や要因などを初期の段階で排除することを目的とした活動
DEVIL Hunting ! ポスター

ニアミス報告件数

グラフ

2016年度ニアミス要因

グラフ

CHECK(点検)

運航船舶の品質保持のため、当社グループ独自の統一安全基準「NAV9000」に基づく安全管理を徹底しています。

ACT(改善)

PDCAサイクルの進度化を図る「CALM SEA」

安全運航の達成度、ニアミス3000活動の事例、事故の教訓や環境対策といった最新の安全情報を、月刊誌「CALM SEA」により船主、船舶管理会社、運航船全船に周知し、海陸での情報共有を図っています。

図

2003年から毎月発行

海難への備え

緊急対応ネットワーク

世界中のあらゆる海域で発生する事故・トラブルに備え、世界各極に緊急対応のためのネットワークを構築しています。

図

事故対応訓練

事故発生時に社員が迅速に対応できるよう、定期的に事故対応訓練を実施しています。より現実的な訓練にするため、船舶の種類や大きさ、事故、トラブルの内容を毎回変更しています。訓練では運航船や船舶管理会社に加え、官公庁やお客さまなど多くの関係者にも参加いただいています。2017年8月の訓練時には、国土交通省海事局、第三管区海上保安本部、一般社団法人海上災害防止センターの方にも参加いただき、社内外関係各署との連携を含めた実践的な訓練を実施しました。2017年にダイヤモンドグレース号の事故から20年目を迎えたことから、当時の教訓を風化させないよう油流出時の事故対応を今一度見直しました。訓練のレビューにも重点を置き、関係者からの意見をもとに事故対応体制の強化を図っています。

CASE STUDY 進化する安全×日本郵船

ヒューマンエラーを減らせ
-創意工夫で乗組員の負担軽減

事故撲滅に向けた活動「POWER+プロジェクト」

写真
図

当社グループでは、さまざまな品質保証のさまざまな活動に加え、さらなる安全への取り組みとして「POWER+プロジェクト」を開始しました。「安全は従うのではなく、それを自ら選択して実行し確立する」「互いに気遣い助け合うことを通じて個人から集団へと安全文化を醸成していく」という2つの基本コンセプトのもと、ヒューマンエラーに起因する操船および人身事故の撲滅を目的とした次世代の安全活動です。
この活動は、当社グループの中核を成す船舶管理会社NYK SHIPMANAGEMENT PTE LTD.で2015年に開始しました。この新たな概念を同社の経営層から現場の乗組員にまで幅広く浸透させるために、各種ワークショップ、ブリーフィング、訪船啓発活動などを実施しています。同社では、これまでの主流であった技術力向上からのアプローチだけではなく、お互いを気遣い、助け合う意識を引き出すことで、ソフト面からも安全文化を醸成していくことを目指しています。このような取り組みが評価され、2015年9月には、国土交通省の「平成27年度船員安全取組大賞」を受賞しました。今後、この活動を当社グループの全運航船に展開し、さらなる安全確保を目指していきます。

事故発生件数の推移(イメージ)
図

基本コンセプト:We are one team-one family
図

活動事例

写真

乗組員同志のコミュニケーション向上や安全意識の醸成を目的として、当社グループの船舶管理会社であるNYK SHIPMANAGEMENT社で、SMILE(Stay Motivated & Innovative - Let's Enjoy)キャンペーンを立ち上げました。運航船から乗組員たちの笑顔あふれる写真を募集し、全船に展開しています。



このページの先頭へ