独自の安全基準NAV9000

安全は最大のミッション
-継続的な安全への取り組み

お客さまからお預かりした貨物を、遅延なく、確実に輸送することは、私たちの責務です。当社グループは、「安全なくして信頼なし。信頼なくしてビジネスなし。」の考えの下、時間や手間を惜しまず安全運航の徹底に注力しています。

NAV9000概要

図

「NAV9000」は、人命の安全、運航船舶の安全の確保と環境保護の責任を果たすための活動であり、国際条約で要求される規則を基盤に、過去に発生した事故の再発防止策やお客様からの要求事項などを網羅しています。

すべての運航船で
お預かりした貨物を確実に輸送する

NAV9000のコンセプト
図

当社グループでは、「安全運航が最大のミッションである」との認識の下、
海陸の関係者が一丸となって継続的な取り組みを進めています。
仮に海難事故が発生し、お客さまのサプライチェーンに支障をきたすような事態を招くことになれば、お客さまの経済活動やそのサプライチェーンの関係者に
もたらす影響は計り知れず、その挽回にはより多くの時間と手間がかかります。
安全かつ効率的な運航を阻害する「トラブルの種」を徹底的に取り除き、お客さまの経済活動をサポートするため、1998年からは、独自の安全運航推進活動「NAV9000」をスタート。
自社船・用船にかかわらず、お客さまの貨物を運ぶすべての船舶と、その船主、船舶管理会社に対し、安全運航に関する当社統一基準を提示し、当社と船舶管理会社、船主・乗組員が一体となって安全運航を維持・継続するための活動です。

海務グループ長に聞く「安全運航FAQ」
Q. 安全確実な輸送サービスを提供するには。

当社グループの運航する船舶は800隻以上にのぼり、船舶の形状やエンジン、そして貨物の種類などが多様化する一方で、安全運航への要請や環境規制などへの対応が強く求められています。このような状況下、お客さまの安全かつ効率的な輸送ニーズに応えるためには営業・海務・本船の三位一体となった協力体制が不可欠です。本船に関する詳細なデータを陸上側の営業と海技者がタイムリーに共有し、従来なら本船のみで決定していた航路の選択や次港へ向かうスピードなどを陸上側からサポート・アドバイスすることで、本船側の作業負担を軽減できるよう心がけています。お客さまの役に立つ安全確実な輸送サービスを提供したいと、皆が日々思いながら業務に取り組んでいます。また、営業と海技者がお互いの専門分野の知見を出し合って協力し、新たなビジネスチャンスへ果敢に挑戦したいと思っています。

Q. 安全をさらに強化していくための技術力とは。

船舶の運航データを収集し、見える化するシステムの開発、エンジンの燃料室内部を詳細に撮影する装置など、ソフトやハードの開発を進めています。本船に関する詳細なデータを蓄積・解析できることで、いつ、なぜ故障が生じたかの検証が可能となりつつあります。
今後、取得したデータが同じような兆候を示した際、異変を察知し適切な対応を取ることでトラブルを未然に防ぐことができます。長きにわたって蓄積した知見・ノウハウと、新たに得られたデータをうまく融合させ分析する能力を当社は持っている、と自負しています。

NAV9000実績

(年度)

2014 2015 2016
本船調査 303 300 303
会社監査 31 30 32
指摘件数 4,014 4,181 3,902
是正要求 1,059 1,366 1,268

NAV9000の真髄は対話

NAV9000は「監査」という言葉を使っていますが船舶と陸上間のコミュニケーションのツールでもあります。双方の対話の向上を図り、安全運航のための改善活動を促進し、付加価値の高いサービスを追求しています

図
月刊誌「CALM SEA」で毎月パフォーマンスの良い船舶を表彰しています。



このページの先頭へ