取引先に対するCSRガイドライン

安全・確実な「モノ運び」を通じて、お客さまのサプライチェーンの一翼を担う当社は、2010年4月に策定した「取引先に対するCSRガイドライン」を改訂しました。

取引先に対するCSRガイドライン

日本郵船グループは、海・陸・空にまたがるグローバルな総合物流企業グループとして、安全・確実な「モノ運び」を通じ、人々の生活を支えるという企業理念の実践を軸に、持続可能な社会に向けて社会的責任(CSR)を果たしたいと考えています。

近年、企業に求められるCSRは多様化しており、サプライチェーンのグローバル化に伴い強制労働、児童労働、環境破壊行為などの世界的な社会問題が顕在化するなか、企業単独ではなくサプライチェーン全体での取り組みが求められるようになってきました。当社グループが、事業を遂行しサプライチェーン全体でのCSRを全うするには、お取引先のみなさまとCSRについて共通の認識をもち、協調して取り組んでいく必要があります。

お取引先のみなさまには、本ガイドラインを参考に、より一層CSR活動を推進していただきますようご協力とご理解をお願い申し上げます。

Ⅰ 安全性の追求、地球環境の保全

【安全性の追求】(※)

基本に忠実、かつ継続的な安全活動を遂行し、安全の確保を徹底するため、技術の向上に努めてください。

【地球環境の保全】(※)

環境に関する各種条約、各国諸法令等を遵守し、地球環境の保全、環境汚染の防止、生物多様性の保護に努めてください。廃棄物の減量・リサイクルの推進、省資源・省エネルギー、節水、温暖化ガス排出の削減等への積極的な取り組みをお願いします。

Ⅱ 公正な事業活動

【各国諸法令等の遵守】

国内外の法令を遵守し、社会規範に則った誠実かつ公正・公平な取引活動を行ってください。

【競争法・独占禁止法の遵守】

  • (1) 競争法・独占禁止法を遵守し、私的独占、カルテル等の不当な取引制限、不公正な取引方法等の自由競争を阻害する行為は行わないでください。
  • (2) 協力会社との取引において、優越的地位の濫用行為は行わないでください。

【汚職・賄賂などの防止】

汚職と賄賂を含むあらゆる形態の腐敗の防止に努めてください。

【企業情報の開示と透明性の確保】

法令等に基づき適時・適切に企業情報を開示するとともに、それら法令等に基づく開示以外の情報提供にも主体的に取り組んでください。

【反社会的勢力の排除】

  • (1) 反社会的勢力又はそれと疑われる者からの不当な要求に対しては、断固として拒否し、一切の関係を持たないでください。
  • (2) テロ行為、マネーロンダリング等の犯罪には一切関与しないでください。また、利用されることのないように留意してください。
Ⅲ 人権、多様な文化の尊重

【人権の尊重、差別の禁止】

人権を尊重し、人種、信条、宗教、性別、国籍、年齢、出身、心身の障害、病気、社会的身分等を理由とする差別を行わないでください。

【ハラスメントの禁止】

人の尊厳を傷つけるような誹謗や中傷、ハラスメントを行わないでください。

【各国・地域の文化等の尊重】

各国・地域の文化、慣習、言語を尊重し、国際社会や地域社会との調和に心掛けてください。

【強制労働、児童労働の禁止】

強制労働、児童労働等の非人道的な雇用の撲滅、適正な賃金支払の確保に努めてください。また、非人道的な雇用を行う企業とは取引をしないでください。

【労働者の基本的権利の尊重】

国際条約や各国・地域の法令に基づき定められた労働者の権利(団体交渉権や結社の自由を含む)を尊重してください。

Ⅳ 働きやすい職場環境の実現

【ワーク・ライフ・バランスの確保】

長時間労働の撲滅に努め、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現に向けた働き方を支援してください。

【安全で衛生的な職場環境の構築】

安全かつ衛生的な職場環境を保持し、日ごろから事故・労働災害の防止に努めてください。

Ⅴ 情報の取り扱い

【知的財産の尊重】

ソフトウエア、プログラムの不正取得や不正使用等の他人の知的財産権を侵害する行為は行わないでください。

【情報管理の徹底】

  • (1) 情報セキュリティに関する法規制を遵守し、情報管理を徹底してください。
  • (2) 個人情報の取り扱いは特に留意し、漏洩・流出を防止するための適正な体制構築を行ってください。

お取引先さまにおける取り組み状況に対して、アンケート調査や聞き取りなどモニタリングをさせていただくことや、改善をお願いすることもございます。

(※)船舶の運航に関しては、日本郵船グループ独自の安全・環境対策推進活動であるNAV9000の指定要求事項の遵守をお願い致します。

(このガイドラインは必要に応じて改訂致します。)

以上



このページの先頭へ