環境目標・活動計画

「環境経営指標」によるCO2排出量の把握と管理

地球温暖化防止に向け、運航船舶からのCO2排出量の削減に取り組んでいます。CO2排出量を把握し、削減目標を管理するため、環境経営指標を導入しています。

環境経営指標は、IMO※1のガイドラインに準拠したCO2排出原単位を用いています。また、その指標は独自に開発した指標データ管理システムより算出、管理しております。2015年度の指標は2010年度比14.3%の改善率となり、目標であった「2015年までに、10年度比10%燃料消費効率向上」を達成いたしました。

引き続き、中期経営計画「More Than Shipping 2018」の中で定めた目標「2018年度までに2010年度比燃費効率15%向上」を達成するべく、燃費節減活動などを通じて、更なる効率運航に取り組んでいきます。

  • 環境経営指標=環境負荷(CO2排出量)/事業付加価値(海上輸送重量トン・キロメートル)
  • 目標(1):2015年までに、10年度比10%燃料消費効率向上
  • 目標(2):2018年までに、10年度比15%燃料消費効率向上
※1 IMO
International Maritime Organization
国際海事機関の事。海運・造船に関する技術的問題や法律的問題について、政府間の協力の促進や条約の策定等を行っている国連の専門機関。

環境経営指標データ

船種 環境経営指標
(g-CO2/トン・キロメートル)
改善率
2010年度 2015年度 2010年度比
原油タンカー 3.11 3.05 1.9%
自動車専用船 47.60 43.60 8.3%
コンテナ船 11.17 8.79 21.3%

※ 数値が減少するとトン・キロメートルあたりのCO2排出量が改善したことになります。

※ 自動車専用船は重量/容積比率が小さいため、指標も大きくなります。

2015年度環境マネジメントプログラム

  目的・目標 行動 2015年3月末 評価
1 ISO14001認証を利用した環境活動の推進
  1. NYKグループマルチサイト環境認証の維持・拡大
  2. NYKグループマルチサイト環境活動の強化
  3. EMSマニュアルの継続的改善
  4. ISO14001:2015 新認証規格への準備
  1. 地域・事業に合った適切な活動の維持、及び顧客要望に応じた認証の拡大
  2. NYK本支店内の内部監査、グループ会社との打合せ、外部審査の実施
  3. EMSマニュアルに沿った運用と継続的改善
  4. 最終ドラフトをもとに勉強会を実施
  1. 1サイト追加YLK(Turkey)
    4サイト減少(日本ノッズル、NYYT、欧州2事務所)
    Total 54社、147サイト
  2. 内部監査1回、
    IA: 44件、EA: 21件
  3. 1回改訂
  4. 2-3月に勉強会開催
2 内外の法律・規制の順守/業界基準・自社基準の制定・順守
  1. 船舶に関連する条約、法律、規制の把握、及び順守徹底
  2. 非海運事業に関わる法律、条例の順守
  3. 業界全体を通じての持続可能な社会のための国際ルール作りへの貢献
  1. NAV9000 Audit (会社・本船)の内容更新
  2. グループ会社質問状によるチェック(内部監査室)
    コンプライアンス総点検活動の実施
  3. 国際ルール作りに積極的に関与
    (船主協会主催の幹事会・タスクフォース、MEPC等)
  1. NAV9000本船用Checklistを更新(ver. 6.0.0)及び、会社監査用Checklist(Ver.3.1.0)を改訂
  2. 6月および12月に新規設立会社向けに内部統制状況質問状を実施
    9月に社内向けにコンプライアンス意識調査を実施
  3. 各幹事会へ参加
3 運航船の事故削減
  1. 重大事故ゼロ
  2. 運航船遅延時間 10時間/年・隻
  3. 緊急事態への準備、及び対応
  1. NAV9000監査の実施
  2. ニアミス3000活動の促進(対象会社の拡大)
  3. 各種安全推進会議・安全セミナーの開催
  4. 安全・保安情報の発信
  5. 安全推進・保安キャンペーンの実施
  6. 遅延時間ミニマイズ活動の継続
  7. 事故対応訓練及びレビューの実施
  8. メディア対応訓練及びレビューの実施
  1. 監査実施数:300隻 / 30社 CAR1,366件
  2. 対象会社:35社、ニアミス報告数:57,483件
  3. 7/10 Global SEMC Mtg
    7/14 Fleet安全推進会議@今治
    7/27 Fleet安全推進会議@東京(船主)
    7/28 Fleet安全推進会議@東京(管理会社)
    8/27 社長・船機長懇談会
  4. 情報発信回数:CR 8/ SB 7/ SI 26/ PSC Info 5 / Marine Engineering Info 3
  5. 訪船隻数/訪船者数:512 隻/941名
  6. (全体)19.1時間/隻
    (機関)9.9時間/隻
  7. 6回実施
  8. 10/15 VLCCの衝突、火災を想定して実施
安全確保の継続・強化・共有
NYKグループ及び関係者間での共有
  1. 安全・環境対策推進委員会(SEMC)の実施
  2. グループ環境経営連絡会の実施
  3. NYKグループ環境マネジメントガイドラインの浸透
  4. 郵船ビルにおける防災訓練の実施
  1. (全体)4/27 (コンテナ)6/5 (PCC)6/12 (ドライバルク)5/20 (リキッド)6/15 (客船)7/10 (NBP)5/25、それぞれ開催
  2. 11月実施(11/30)
  3. 環境アクションプラン回収率100%
  4. 9月、3月実施(9/2, 3/9)
4 地球温暖化防止(CO2排出量の削減)
  1. 環境経営指標の設定
    「2015年度までに2010年度比較 燃料消費効率10%向上」及び「2018年度までに2010年度比較 燃料消費効率15%向上」
  2. 連結グループ全体でのCO2排出総量を把握
  1. SPASからECOREPORTデータの抽出
    IBIS TWOの実施
  2. NYKECOMの運用
  1. 対象隻数:617隻
    報告件数:6,630件
    2010年度比改善率14.3%
    (海外現法含む)
  2. データ把握会社数
    国内:258事業所(52社)
    海外:158事業所
大気汚染防止(NOx及びSOx排出量の削減)
NOx及びSOx排出量の削減
  1. 電子制御エンジンの採用率向上
  2. カリフォルニア減速プログラムへの協力
  3. 陸上電源(AMP)の世界標準化規格への対応
  4. AMP(コンテナ型)の運用
  5. SCR実船実験へ協力
  6. EU、及びカリフォルニアでのLS燃料使用方針の徹底
  1. 本年度7隻に採用
  2. 順守率(1-12月)
    LA Apr-Sep 99%(20mile)
    LB Apr-Sep 97%(40mile)
  3. 国際統一規格 IEC/ISO/ IEEE80005-1に対応したAMPコンテナを導入、運用開始
  4. 受電実施:157回
    受電設備搭載隻数:19隻
  5. NOx(EGR)実船実験:1隻
    NOx/SOx排出低減機器(LNG燃料)採用:1隻
  6. 未使用船無し
海洋汚染防止
  1. バラスト水処理装置の搭載推進
  2. 環境に優しい解撤の実施
  3. NYKトータルビルジシステムの採用推進
  1. 搭載船の拡大
  2. シップリサイクルのNYKスタンダード順守
  3. 新造船への積極的採用
  1. 本年度5隻に搭載
  2. 本年度MOA締結ヤードで全船(2隻)解撤
  3. 本年度6隻に採用
オフィスでの環境負荷削減
紙・水・電気の使用量を2014年度比±0 紙・水・電気の使用量削減の意識強化 昨年度比増減率
紙 : -2.19%
水 : -1.86%
電気: +0.36%
5 新技術の研究および開発による環境保全への貢献
  1. 対水船速計の精度向上
  2. 主機パフォーマンス及びコンディションをモニタリングできるアプリLiVE for Shipmanagerの機能拡充
  3. ブロア式と掃気式の空気潤滑法の効率向上
  1. 7月度までに製品の仕様を確定
  2. 機関の重大トラブル防止、ならびに予防保全へ活用。更には本船上機器の状態監視・遠隔監視を実現
  3. ブロア式:幅広い運航コンディションをカバーした運用指針の確立。また船型の違いによる効果比較を行い船型最適化の有効性を確認
    掃気バイパス式:プロペラ面内に流入する空気の流れ防止対策にも取り組む
  1. 実船データ解析を実施。より精度の高い対水船速計のプロトタイプ版開発を進めていく
  2. LiVE for Shipmanagerに重大事故事前検知ロジック機能を追加。管理会社への展開を開始
  3. ブロア式:実船試験データを解析することにより、効果的に運用するための指針を策定
    掃気バイパス式: 省エネ効果向上策を検討。空気吹き出し量の制御を行うシステムを考案
6 環境保全活動への意識高揚
  1. 環境研修等の実施
  2. 環境「eラーニング」の実施
  3. 環境情宣活動の強化
  1. 研修、勉強会の実施
  2. コンテンツの作成、及び受講者数向上
  3. 「YUSEN」、「Calm Sea」、「SEASCOPE」へ環境関連記事の掲載、「環境保全」キャンペーン実施
  1. 新入社員研修、CSR研修を実施
  2. 国内、海外とも9-11月実施、受講者数約1,500人増加(前年度比)
  3. 環境関連記事の掲載継続、環境川柳、環境フォトコンテンスト等の実施(6月-10月)
7 ステークホルダーへの環境情報の開示
  1. NYKグループレポート発行
  2. 外部アンケート対応
  3. HPで最新の環境情報を開示
  4. CO2排出量情報開示
  1. 6月にNYKレポート発行(英語版は8月)
  2. 適宜対応
  3. 7月、1月にHP掲載項目の見直し、更新
  4. CO2 e-calculatorのデータ更新、米国NPO(BSR)のCCWGへの参画、スコープ3のデータ検証
  1. 6月に日本語、8月に英語発行
  2. 対応件数:33件
  3. 1回更新(10月)
  4. CCWGへ参画、スコープ1,2,3のデータ検証済、保証書取得
社会貢献活動の支援
  1. 環境ボランティア活動の推進
  2. 環境関連イベントへの参加
  1. 環境ボランティア活動への参加
  2. 環境活動の紹介、備品の貸出
  1. アースウォッチ・ジャパン(*)の東日本グリーン復興モニタリングプロジェクトに当社グループから社員15名が参加。(*認定特定非営利活動法人)
  2. 外部への取材やプレゼン対応:2件、海事イベントへのNYK SES 2030模型貸し出しなど資料貸し出し:12件

2016年度環境マネジメントプログラム

  目的・目標 行動 指標
1 ISO14001認証を利用した環境活動の推進
  1. NYKグループマルチサイト環境認証の維持・拡大
  2. NYKグループマルチサイト環境活動の強化
  3. EMSマニュアルの継続的改善
  4. ISO14001:2015 新認証規格への準備
  1. 地域・事業に合った適切な活動の維持、及び顧客要望に応じた認証の拡大
  2. NYK本支店内の内部監査、グループ会社との打合せ、外部審査の実施
  3. EMSマニュアルに沿った運用と継続的改善
  4. 2015年度版EMSマニュアルの策定
  1. 認証会社・サイト総数の拡大数
  2. 実施記録
  3. マニュアル改訂記録
  4. 実施記録
2 内外の法律・規制の順守/業界基準・自社基準の制定・順守
  1. 船舶に関連する条約、法律、規制の把握、及び順守徹底
  2. 非海運事業に関わる法律、条例の順守
  3. 業界全体を通じての持続可能な社会のための国際ルール作りへの貢献
  1. NAV9000規格の見直しISO9001 2015年対応
  2. コンプライアンス総点検活動の実施
  3. 国際ルール作りに積極的に関与
    (船主協会主催の幹事会・タスクフォース、MEPC等)
  1. NAV9000の改訂記録
  2. 実施記録
  3. 参加記録
3 運航船の事故削減
  1. 重大事故ゼロ
  2. 運航船遅延時間 10時間/年・隻
  3. 緊急事態への準備、及び対応
  1. NAV9000監査の実施
  2. ニアミス3000活動の促進(対象会社の拡大)
  3. 各種安全推進会議・安全セミナーの開催
  4. 安全・保安情報の発信
  5. 安全推進・保安キャンペーンの実施
  6. 遅延時間ミニマイズ活動の継続
  7. 事故対応訓練及びレビューの実施
  8. メディア対応訓練及びレビューの実施
  1. 監査数、改善指摘数
  2. 対象会社数
    ニアミス報告件数
  3. 実施記録
  4. 情報発信回数
    (C/R, S/B, Security Info)
  5. 訪船隻数、訪船者数
  6. 遅延時間:時間/隻(全体及び機関事故)
  7. 実施記録
  8. 実施記録
安全確保の継続・強化・共有
NYKグループ及び関係者間での共有
  1. 安全・環境対策推進委員会(SEMC)の実施
  2. グループ環境経営連絡会の実施
  3. NYKグループ環境マネジメントガイドラインの浸透
  4. 郵船ビルにおける防災訓練の実施
  1. 実施記録
  2. 実施記録
  3. 活動記録
  4. 実施記録
4 地球温暖化防止(CO2排出量の削減)
  1. 環境経営指標の設定
    「2018年度までに2010年度比較 燃料消費効率15%向上」
  2. 連結グループ全体でのCO2排出総量を把握
  1. SPASからECOREPORTデータの抽出
    IBIS TWOの実施
  2. NYKECOMの運用
  1. 向上率(対象隻数)、主機平均負荷率
  2. データ把握会社数
大気汚染防止(NOx及びSOx排出量の削減)
NOx及びSOx排出量の削減
  1. 電子制御エンジンの採用率向上
  2. カリフォルニア減速プログラムへの協力
  3. 陸上電源(AMP)の世界標準化規格への対応
  4. AMP(コンテナ型)の運用
  5. NOx/SOx排出低減機器への実船実験へ協力
  1. 採用隻数
  2. 順守率(1-12月)
  3. 対応状況
  4. 対応設備搭載隻数、
    実施状況
  5. 進捗状況
海洋汚染防止
  1. バラスト水処理装置の搭載推進
  2. 環境に優しい解撤の実施
  3. NYKトータルビルジシステムの採用推進
  1. 搭載船の拡大
  2. シップリサイクルのNYKスタンダード順守
  3. 新造船への積極的採用
  1. 搭載隻数
  2. MOA締結ヤードでの解撤数
  3. 採用隻数
オフィスでの環境負荷削減
紙・水・電気の使用量を2015年度比-0.1% 紙・水・電気の使用量削減の意識強化 昨年比削減率
5 新技術の研究および開発による環境保全への貢献
  1. 就航コンテナ船の省エネ運航改造工事実施
  2. スマートフリートオペレーションシステム構築
  1. 運航プロファイルに基づき、バルバスバウ改造や省エネ装置の取り付けを行う
  2. 運航データ収集装置(SIMS2)搭載推進
    省エネ運航に必要なソフト開発
1-2. 進捗状況
6 環境保全活動への意識高揚
  1. 環境研修等の実施
  2. 環境「eラーニング」の実施
  3. 環境情宣活動の強化
  1. 研修、勉強会の実施
  2. コンテンツの作成、及び受講者数向上
  3. 「YUSEN」、「Calm Sea」、「SEASCOPE」へ環境関連記事の掲載、環境保全キャンペーン実施
  1. 実施記録
  2. 受講者数/申し込み数
  3. 記事掲載記録、キャンペーン実施記録
7 ステークホルダーへの環境情報の開示
  1. NYKグループレポート発行
  2. 外部アンケート対応
  3. HPで最新の環境情報を開示
  4. CO2排出量情報開示
  1. 6月にNYKレポート発行(英語版は8月)
  2. 適宜対応
  3. 7月、1月にHP掲載項目の見直し、更新
  4. CO2 e-calculatorのデータ更新、米国NPO(BSR)のCCWGへの参画、スコープ3のデータ検証
  1. 発行記録
  2. アンケート記録(回答件数)
  3. HP掲載記録
  4. データ提供、協力記録
社会貢献活動の支援
  1. 環境ボランティア活動の推進
  2. 環境関連イベントへの参加
  1. 環境ボランティア活動への参加
  2. 環境活動の紹介、備品の貸出
  1. 実施記録
  2. 活動記録


このページの先頭へ